元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

宇佐美貴史<下>中島や乾との競争に打ち勝つためには

公開日: 更新日:

 3月のベルギー遠征(マリ、ウクライナ戦)の前に「今は左(サイドアタッカー)として高いレベルでやれるし、もちろん右(サイド)でもレベルを落とさないでプレーできる。選択肢が広がったかな?」と話していた宇佐美だが、ベルギーでは主戦場の左サイドの出場にとどまり、しかも無得点に終わった。対照的に強烈なインパクトを残したのが、左サイドのポジションを争っているポルティモネンセのFW中島翔哉だ。代表初招集の中島はトップ下でもプレーし、ゴールも決めて存在感を増した。後輩の活躍を横目に見ながら、どう巻き返すのか?

 ◇  ◇  ◇ 

 ハリルホジッチ前監督は宇佐美のチームメートであるFW原口元気、FW中島、ベルギー遠征は選外だった乾貴士(エイバルFW)の4人を左サイド候補と考えていた。

 ロシアW杯最終予選序盤の4戦連発でチームを支えた原口が頭ひとつ抜けており、他の3人は横一線とみられていた。この中で中島は完全な「切り札タイプ」。マリ戦の後半15分に途中出場して終了間際に同点弾。<ロシアW杯のジョーカー>として名乗りを上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    熱海の空き家がなんと「1円」…購入はお宝か、お荷物か?

  10. 10

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

もっと見る