• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

宇佐美貴史<下>中島や乾との競争に打ち勝つためには

 3月のベルギー遠征(マリ、ウクライナ戦)の前に「今は左(サイドアタッカー)として高いレベルでやれるし、もちろん右(サイド)でもレベルを落とさないでプレーできる。選択肢が広がったかな?」と話していた宇佐美だが、ベルギーでは主戦場の左サイドの出場にとどまり、しかも無得点に終わった。対照的に強烈なインパクトを残したのが、左サイドのポジションを争っているポルティモネンセのFW中島翔哉だ。代表初招集の中島はトップ下でもプレーし、ゴールも決めて存在感を増した。後輩の活躍を横目に見ながら、どう巻き返すのか?

 ◇  ◇  ◇ 

 ハリルホジッチ前監督は宇佐美のチームメートであるFW原口元気、FW中島、ベルギー遠征は選外だった乾貴士(エイバルFW)の4人を左サイド候補と考えていた。

 ロシアW杯最終予選序盤の4戦連発でチームを支えた原口が頭ひとつ抜けており、他の3人は横一線とみられていた。この中で中島は完全な「切り札タイプ」。マリ戦の後半15分に途中出場して終了間際に同点弾。<ロシアW杯のジョーカー>として名乗りを上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る