• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

宇佐美貴史<下>中島や乾との競争に打ち勝つためには

 3月のベルギー遠征(マリ、ウクライナ戦)の前に「今は左(サイドアタッカー)として高いレベルでやれるし、もちろん右(サイド)でもレベルを落とさないでプレーできる。選択肢が広がったかな?」と話していた宇佐美だが、ベルギーでは主戦場の左サイドの出場にとどまり、しかも無得点に終わった。対照的に強烈なインパクトを残したのが、左サイドのポジションを争っているポルティモネンセのFW中島翔哉だ。代表初招集の中島はトップ下でもプレーし、ゴールも決めて存在感を増した。後輩の活躍を横目に見ながら、どう巻き返すのか?

 ◇  ◇  ◇ 

 ハリルホジッチ前監督は宇佐美のチームメートであるFW原口元気、FW中島、ベルギー遠征は選外だった乾貴士(エイバルFW)の4人を左サイド候補と考えていた。

 ロシアW杯最終予選序盤の4戦連発でチームを支えた原口が頭ひとつ抜けており、他の3人は横一線とみられていた。この中で中島は完全な「切り札タイプ」。マリ戦の後半15分に途中出場して終了間際に同点弾。<ロシアW杯のジョーカー>として名乗りを上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る