元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

宇佐美貴史<中>「元気君が来て良い化学反応が生まれた」

公開日:

 日本代表FWの宇佐美が再浮上を果たしたきっかけは、そもそも昨年8月30日のドイツ2部デュッセルドルフへのレンタル移籍にある。16年夏に1部アウクスブルクに完全移籍。2度目のドイツ挑戦に踏み切った。16―17シーズンは11試合無得点という屈辱的な結果に終わり、日本代表落選も強いられた。ロシアW杯を10カ月後に控えたタイミングでの2部行きはリスクもあった。実際、今季リーグ前半戦は、定位置をつかめずに苦しんだ。

 ◇  ◇  ◇

 今季リーグが開幕して3カ月が経過した17年10月。宇佐美を取材すると自身の置かれた状況を冷静に客観視していた。

「ロシアW杯に行くためには(所属クラブで)出場機会を得ないといけない。その気持ちも移籍の背景にありました。頭の上をボールが越えていく(中盤省略の)サッカーだったアウクスブルクよりも、今はやりたいサッカーに近い。チームの調子が良いので監督はメンバーを固定。先発で出られない状態が続いているけど、少しずつでも段階を踏んで前進しているのかな? と思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る