元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

宇佐美貴史<中>「元気君が来て良い化学反応が生まれた」

公開日: 更新日:

 日本代表FWの宇佐美が再浮上を果たしたきっかけは、そもそも昨年8月30日のドイツ2部デュッセルドルフへのレンタル移籍にある。16年夏に1部アウクスブルクに完全移籍。2度目のドイツ挑戦に踏み切った。16―17シーズンは11試合無得点という屈辱的な結果に終わり、日本代表落選も強いられた。ロシアW杯を10カ月後に控えたタイミングでの2部行きはリスクもあった。実際、今季リーグ前半戦は、定位置をつかめずに苦しんだ。

 ◇  ◇  ◇

 今季リーグが開幕して3カ月が経過した17年10月。宇佐美を取材すると自身の置かれた状況を冷静に客観視していた。

「ロシアW杯に行くためには(所属クラブで)出場機会を得ないといけない。その気持ちも移籍の背景にありました。頭の上をボールが越えていく(中盤省略の)サッカーだったアウクスブルクよりも、今はやりたいサッカーに近い。チームの調子が良いので監督はメンバーを固定。先発で出られない状態が続いているけど、少しずつでも段階を踏んで前進しているのかな? と思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る