元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

宇佐美貴史<下>中島や乾との競争に打ち勝つためには

公開日: 更新日:

 乾はスペイン1部でコンスタントに活躍しているドリブラー。ドイツ2部よりも格段に高いレベルでプレーしており、昨季はバルセロナ相手に2点を挙げた実績もある。

 中島、乾との競争に打ち勝って生き残るためには、何よりも得点という“目に見える結果”が強く求められる。

「個人の力でゴールを決め、その一発で局面が変われば、チームは余裕を持って良いリズムで戦える。マリ戦の自分は結果も出せなかったし、得点をつくり出すシーンもなかった。アピールできたとは思っていません」

 宇佐美自身、数字が第一であることが骨身に染みている。代表でのゴールは16年6月のブルガリア戦から2年近くも遠ざかっており、左右両サイドに加えてトップ下もこなせる万能性もさることながら、何よりも得点感覚を研ぎ澄ませたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る