ウッズは29位発進 復活Vへ早くも“タイガーチャージ”頼み

公開日:  更新日:

【マスターズ初日(オーガスタ・ナショナルGC)】

 すでに最終日を視野に入れている。4度もグリーンジャケットを手にしたタイガー・ウッズ(42)は、腰の故障などに苦しみ3年ぶりの出場。初日73は、首位に7打差の29位タイ。復活Vの可能性は消えていない。

 コースは熟知しているものの、この日はティーショットが不安定でスコアが伸びない。1オーバーでバックナインに入ると、「アーメンコーナー」の11番は右に曲げ、12番はグリーン手前の池に落として連続ボギー。14番、16番のバーディーで取り返すも、4つのボギーが痛かった。

「パー5でいいプレーができなかった。突然風が吹き、向きが変わる。簡単にスコアを落としたが、戻すことができた。73は悪くない。このセットアップでは、日曜日の上位争いはダンゴ状態になるだろう。飛び出すのは難しいけど、離脱するのは簡単だ。多くの選手に勝つチャンスがあるだろう」(ウッズ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る