• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤオは正会員へ 女子プロ協会の改革が外国人Vを好アシスト

【アクサレディス】

 首位に並んだフェービー・ヤオ(25=台湾)と比嘉真美子(24)によるプレーオフが18番パー5で行われ、カップ位置が変わった3ホール目にバーディーを決めたヤオが4年ぶりツアー2勝目を挙げた。「プレーオフ3ホール目のアプローチが勝敗を分けた」と田原紘プロがこう解説する。

「ヤオは左手の使い方がよかった。残り99ヤードからの3打目はダウンで左わきを締めて、体の回転だけでフェース面を絶対に返さずピンそば1メートルにつけた。

 一方の比嘉は同じような距離からフルショットでのフェースの使い方だった。フェースを返した分だけピンより左に行ってしまった。小技のヤオと飛ばしの比嘉と2人の持ち味は極端に違った。比嘉はティーショットからバーディーを狙いにいったが、飛距離で劣るヤオは3打目勝負に徹した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事