• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツアー復帰の松山英樹 同組ウッズの熱狂ファンも眼中なし

 左手親指付け根の痛みから約1カ月半ぶりのツアー復帰となった松山英樹(26)。予選2日間は、前週のバルスパー選手権2位と完全復活に近づいているタイガー・ウッズ(42=米国)と、先ごろ2シーズンぶりに勝ったジェイソン・デイ(30=豪州)との豪華なペアリングになった。

 イン発進の初日はバーディーが先行。12番パー5(574ヤード)は2打目をグリーンそばまで運ぶと、残り43ヤードのアプローチをピンそば1メートルにつけて難なくバーディーパットを沈めた。

 15番パー4は2メートルのパーパットを外してボギー。直後の16番パー5(511ヤード)はバウンスバックに成功。ドライバーで316ヤードも飛ばし、残り195ヤードを2オンに成功。5メートルのイーグルパットをど真ん中から放り込み、前半は2アンダーでターン。

 後半アウトは2バーディー、2ボギーのパープレーにまとめてホールアウトした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る