実戦復帰に現場から慎重論 日ハム清宮が抱える下半身事情

公開日: 更新日:

「無理はさせられない」

 5日、二軍でリハビリを続ける日本ハム清宮幸太郎(18)について、荒木二軍監督はこう言った。

 清宮は早ければ6日の巨人戦(二軍)で実戦復帰させるプランがあったが、現状ではランニングで別メニュー調整が続くなど、本隊と同じ練習をこなしていない。

 荒木二軍監督は、「打撃は日に日によくなっている」としながらも、6日の巨人戦はおろか、「10日からの所沢(西武3連戦)は未定。14日からの阪神戦(二軍)にはと思っているけど、そこは回復力と対応力による。一軍でバリバリやっているなら焦らすが、そうは見ていない」と慎重な発言に終始。調整をペースダウンせざるを得ないようだ。

 この日は守備練習、フリー打撃などを行い、午後からは飯山内野守備走塁コーチとマンツーマンで特守を行った。ただ、最大のウリである打撃練習についても、バットに当たれば飛ぶには飛ぶものの、バランスを崩しながらのスイングもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る