実戦復帰に現場から慎重論 日ハム清宮が抱える下半身事情

公開日: 更新日:

「無理はさせられない」

 5日、二軍でリハビリを続ける日本ハムの清宮幸太郎(18)について、荒木二軍監督はこう言った。

 清宮は早ければ6日の巨人戦(二軍)で実戦復帰させるプランがあったが、現状ではランニングで別メニュー調整が続くなど、本隊と同じ練習をこなしていない。

 荒木二軍監督は、「打撃は日に日によくなっている」としながらも、6日の巨人戦はおろか、「10日からの所沢(西武3連戦)は未定。14日からの阪神戦(二軍)にはと思っているけど、そこは回復力と対応力による。一軍でバリバリやっているなら焦らすが、そうは見ていない」と慎重な発言に終始。調整をペースダウンせざるを得ないようだ。

 この日は守備練習、フリー打撃などを行い、午後からは飯山内野守備走塁コーチとマンツーマンで特守を行った。ただ、最大のウリである打撃練習についても、バットに当たれば飛ぶには飛ぶものの、バランスを崩しながらのスイングもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る