マスターズ初出場の小平 16バーディーもイーブンなぜだ?

公開日:

【マスターズ 最終日】

 小平智(28)は初出場で通算イーブンパー、28位タイなら上出来だろう。

「今日はピンポジションも難しかったし、一番風が舞っていて、読めなかった」と悔しがった。大会前は「ショットは絶好調。パットもいい」と語っていた通り、ショットが原因の大きなトラブルはなかった。それでも4日間の通算スコアがイーブンパーに終わったのは、本人も物足りないはずだ。

 マスターズ会場のオーガスタ・ナショナルGCは、極端かつ微妙な傾斜と「ガラス」に例えられる超高速グリーンが特徴だ。パッティングの技術でバーディーを量産するか、逆にボギーを抑える大会と言っても過言ではない。

 小平はバーディー数16に対し、ボギーも16と多い。優勝したP・リードはボギー11に対し、2イーグル、22バーディー。67のビッグスコアで優勝争いに絡んだR・ファウラーはバーディーは18だが、1イーグルにボギーは6つだけだ。

 オーガスタのような特殊なグリーンは国内コースにはない。マスターズで好スコアを出すには米ツアーでもまれるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る