メジャー最下位が収穫に 鈴木愛は帰国後すぐに完全優勝

公開日: 更新日:

【スタジオアリス女子オープン 最終日】

 3日間でアンダーパーは6選手だけというタフな大会で、初日から首位をキープしてただひとり2ケタとなる通算10アンダーに到達した鈴木愛(23)が2戦連続優勝を果たし、賞金ランク2位に浮上した。

 前週は米女子メジャーのANAインスピレーションに初出場したが、本場のタフなコース設定に翻弄された。4日間で一度もアンダーパーを出せずに通算13オーバー(72・73・80・76)。トップと28打差のダントツの最下位だった。

 帰国後すぐの試合で移動疲れもあったが、日本なら3日間ともアンダーパー(67・69・70)。2位に4打差をつけての楽々の逃げ切りだった。

 ホールアウト後の自己採点は「50点」と厳しかった。

「米国のコース(ミッションヒルズCC)は本当に難しくて、うまくティーショットを打ってフェアウエーに行ってもなかなかバーディーが取れなかったり、アプローチも1、2ヤードの打ち分けができないとピンに寄らない。今の実力では米ツアーでは優勝できるどころか予選通過できるかどうかのレベルだと思っている。自分に実力がないと思う」(鈴木)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る