• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー最下位が収穫に 鈴木愛は帰国後すぐに完全優勝

【スタジオアリス女子オープン 最終日】

 3日間でアンダーパーは6選手だけというタフな大会で、初日から首位をキープしてただひとり2ケタとなる通算10アンダーに到達した鈴木愛(23)が2戦連続優勝を果たし、賞金ランク2位に浮上した。

 前週は米女子メジャーのANAインスピレーションに初出場したが、本場のタフなコース設定に翻弄された。4日間で一度もアンダーパーを出せずに通算13オーバー(72・73・80・76)。トップと28打差のダントツの最下位だった。

 帰国後すぐの試合で移動疲れもあったが、日本なら3日間ともアンダーパー(67・69・70)。2位に4打差をつけての楽々の逃げ切りだった。

 ホールアウト後の自己採点は「50点」と厳しかった。

「米国のコース(ミッションヒルズCC)は本当に難しくて、うまくティーショットを打ってフェアウエーに行ってもなかなかバーディーが取れなかったり、アプローチも1、2ヤードの打ち分けができないとピンに寄らない。今の実力では米ツアーでは優勝できるどころか予選通過できるかどうかのレベルだと思っている。自分に実力がないと思う」(鈴木)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る