メジャー最下位が収穫に 鈴木愛は帰国後すぐに完全優勝

公開日: 更新日:

【スタジオアリス女子オープン 最終日】

 3日間でアンダーパーは6選手だけというタフな大会で、初日から首位をキープしてただひとり2ケタとなる通算10アンダーに到達した鈴木愛(23)が2戦連続優勝を果たし、賞金ランク2位に浮上した。

 前週は米女子メジャーのANAインスピレーションに初出場したが、本場のタフなコース設定に翻弄された。4日間で一度もアンダーパーを出せずに通算13オーバー(72・73・80・76)。トップと28打差のダントツの最下位だった。

 帰国後すぐの試合で移動疲れもあったが、日本なら3日間ともアンダーパー(67・69・70)。2位に4打差をつけての楽々の逃げ切りだった。

 ホールアウト後の自己採点は「50点」と厳しかった。

「米国のコース(ミッションヒルズCC)は本当に難しくて、うまくティーショットを打ってフェアウエーに行ってもなかなかバーディーが取れなかったり、アプローチも1、2ヤードの打ち分けができないとピンに寄らない。今の実力では米ツアーでは優勝できるどころか予選通過できるかどうかのレベルだと思っている。自分に実力がないと思う」(鈴木)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る