• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨季覇者のアストロズGMが重視するのは「出塁率+長打率」

 大谷の活躍で改めて注目を集めるメジャーリーグでは、ここ数年、データ旋風が吹き荒れている。データ野球はもちろん、今に始まったわけではないし、メジャーの世界に限らない。

 そのデータをチームの土台づくりに大きく活用し、3年連続で100敗以上喫したチームを、たったの就任6年でワールドチャンピオンに押し上げたのがヒューストン・アストロズのGM、ジェフ・ルーノウ(51)だ。

 2011年のオフに現職に就任すると、まずはマイナー組織の立て直しにかかった。当たり前のことだが、データはあくまでもデータ、才能とは違う。どれだけのデータがあったとしても、それを自らのプレーに取り入れ、より良い選手になるために役立てるだけの才能がなければ、それは机上の数字に過ぎない。ルーノウGMがまず取り組んだのは、ドラフトなどで若く、才能ある選手を獲得することだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る