昨季覇者のアストロズGMが重視するのは「出塁率+長打率」

公開日: 更新日:

 大谷の活躍で改めて注目を集めるメジャーリーグでは、ここ数年、データ旋風が吹き荒れている。データ野球はもちろん、今に始まったわけではないし、メジャーの世界に限らない。

 そのデータをチームの土台づくりに大きく活用し、3年連続で100敗以上喫したチームを、たったの就任6年でワールドチャンピオンに押し上げたのがヒューストン・アストロズのGM、ジェフ・ルーノウ(51)だ。

 2011年のオフに現職に就任すると、まずはマイナー組織の立て直しにかかった。当たり前のことだが、データはあくまでもデータ、才能とは違う。どれだけのデータがあったとしても、それを自らのプレーに取り入れ、より良い選手になるために役立てるだけの才能がなければ、それは机上の数字に過ぎない。ルーノウGMがまず取り組んだのは、ドラフトなどで若く、才能ある選手を獲得することだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る