• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

定期検診赤チェックオヤジども 御年44歳のコロンを見習え

 テキサス・レンジャーズにバートロ・コロンっていう投手がいる。御年44歳でな。現役最年長で、通算240勝。かつては163キロを出した剛腕で、今でも140キロを投げるんだト。こないだ大谷翔平と対戦して内野ゴロに打ち取った。

  名前の通りコロンと太ったオヤジだ。いかにも陽気なドミニカンって感じで、あだ名が「ビッグ・セクシー」。セクシーかどうかの判断基準はいろいろあって、中南米じゃ陽気な太っちょこそセクシーとする向きもある。まちがってもこの国の次官たらみてえに、「ねえ、手ぇ縛ってもいい?」とか暗がりでくせえ息を吹きかけてにじり寄ったりしないと思う。

 ただまあ、(行ったことないから知らんが)ドミニカの雑貨屋のレジに日がな座ってそうなオヤジだ。いやホント、昔ゃブイブイ言わせたか知らんが、今じゃちょいとコロンだら立ち上がれそうもない、定期健診で要治療のチェックが腎、肝、血管あたりに入ってそうな体形のオヤジだな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る