松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

エンゼルス大谷翔平の活躍は日本経済を押し下げる

公開日: 更新日:

 いやいやいやいやいや、どうだいうちの翔平は! 困ったもんだねどうも。打てばドッカン、ちぎって鼻毛(もとい!)ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。鼻が高いぜなあ、みんな。大変だろうな張本勲も。若え才能のかたまりの重箱の隅つつくり回すのも疲れて、座りションベンして、いなくなっちゃえザマアミヤガレ!

 さて、こう翔平が活躍すると、日本経済にも明るい材料が見えてくると政府や財界のバカは手放しで喜んでると思うが、バカは実態を知らん。大谷現象は決してなんでもプラスにゃ働かねえ。

 なぜって? 働かねえんだよ労働者が。

 朝の5時起きで大谷見て、ああ今日もよく打ったよく投げた、生あくびかみ殺して仕事へ出ても、午後からなんざほとんど仕事にならねえ。慢性寝不足で、日本経済は停滞するんだ。元気なのはオレら年寄りで、大谷が出ようが出まいがもともと朝は早えんだ。意気ケンコウにそこらへんで、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る