松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

エンゼルス大谷翔平の活躍は日本経済を押し下げる

公開日: 更新日:

 いやいやいやいやいや、どうだいうちの翔平は! 困ったもんだねどうも。打てばドッカン、ちぎって鼻毛(もとい!)ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。鼻が高いぜなあ、みんな。大変だろうな張本勲も。若え才能のかたまりの重箱の隅つつくり回すのも疲れて、座りションベンして、いなくなっちゃえザマアミヤガレ!

 さて、こう翔平が活躍すると、日本経済にも明るい材料が見えてくると政府や財界のバカは手放しで喜んでると思うが、バカは実態を知らん。大谷現象は決してなんでもプラスにゃ働かねえ。

 なぜって? 働かねえんだよ労働者が。

 朝の5時起きで大谷見て、ああ今日もよく打ったよく投げた、生あくびかみ殺して仕事へ出ても、午後からなんざほとんど仕事にならねえ。慢性寝不足で、日本経済は停滞するんだ。元気なのはオレら年寄りで、大谷が出ようが出まいがもともと朝は早えんだ。意気ケンコウにそこらへんで、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る