松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

エンゼルス大谷翔平の活躍は日本経済を押し下げる

公開日: 更新日:

 いやいやいやいやいや、どうだいうちの翔平は! 困ったもんだねどうも。打てばドッカン、ちぎって鼻毛(もとい!)ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。鼻が高いぜなあ、みんな。大変だろうな張本勲も。若え才能のかたまりの重箱の隅つつくり回すのも疲れて、座りションベンして、いなくなっちゃえザマアミヤガレ!

 さて、こう翔平が活躍すると、日本経済にも明るい材料が見えてくると政府や財界のバカは手放しで喜んでると思うが、バカは実態を知らん。大谷現象は決してなんでもプラスにゃ働かねえ。

 なぜって? 働かねえんだよ労働者が。

 朝の5時起きで大谷見て、ああ今日もよく打ったよく投げた、生あくびかみ殺して仕事へ出ても、午後からなんざほとんど仕事にならねえ。慢性寝不足で、日本経済は停滞するんだ。元気なのはオレら年寄りで、大谷が出ようが出まいがもともと朝は早えんだ。意気ケンコウにそこらへんで、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る