松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

エンゼルス大谷翔平の活躍は日本経済を押し下げる

公開日:

 いやいやいやいやいや、どうだいうちの翔平は! 困ったもんだねどうも。打てばドッカン、ちぎって鼻毛(もとい!)ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。鼻が高いぜなあ、みんな。大変だろうな張本勲も。若え才能のかたまりの重箱の隅つつくり回すのも疲れて、座りションベンして、いなくなっちゃえザマアミヤガレ!

 さて、こう翔平が活躍すると、日本経済にも明るい材料が見えてくると政府や財界のバカは手放しで喜んでると思うが、バカは実態を知らん。大谷現象は決してなんでもプラスにゃ働かねえ。

 なぜって? 働かねえんだよ労働者が。

 朝の5時起きで大谷見て、ああ今日もよく打ったよく投げた、生あくびかみ殺して仕事へ出ても、午後からなんざほとんど仕事にならねえ。慢性寝不足で、日本経済は停滞するんだ。元気なのはオレら年寄りで、大谷が出ようが出まいがもともと朝は早えんだ。意気ケンコウにそこらへんで、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る