全米“大谷フィーバー”の背景に米国人が共感する開拓者精神

公開日:  更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が17日(日本時間18日)、本拠地アナハイムでのレッドソックス戦に登板。ア・リーグ東西両地区の首位同士の3連戦の初戦を任されたが、2回4安打3失点でメジャー初黒星を喫した。試合は1-10でエンゼルスの連勝も7で止まった。

 それでも、開幕から二刀流として潜在能力の高さを発揮する大谷に、本拠地アナハイムの野球ファンからは称賛の声が上がっている。試合前のスタメン発表時や打席に向かう際の声援の大きさは、現役最多617本塁打のプホルス、MVP2回のトラウトの看板打者2人を抑え、今や大谷がトップ。投打にわたるパフォーマンスの高さは、スタンドのファンをうならせている。

「アナハイムのファンの大半はプホルスの記録達成(通算3000安打)よりも、大谷のプレーに関心を寄せています」と、エンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」でコラムニストを務めるディラン・ヘルナンデス記者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る