全米“大谷フィーバー”の背景に米国人が共感する開拓者精神

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が17日(日本時間18日)、本拠地アナハイムでのレッドソックス戦に登板。ア・リーグ東西両地区の首位同士の3連戦の初戦を任されたが、2回4安打3失点でメジャー初黒星を喫した。試合は1-10でエンゼルスの連勝も7で止まった。

 それでも、開幕から二刀流として潜在能力の高さを発揮する大谷に、本拠地アナハイムの野球ファンからは称賛の声が上がっている。試合前のスタメン発表時や打席に向かう際の声援の大きさは、現役最多617本塁打のプホルス、MVP2回のトラウトの看板打者2人を抑え、今や大谷がトップ。投打にわたるパフォーマンスの高さは、スタンドのファンをうならせている。

「アナハイムのファンの大半はプホルスの記録達成(通算3000安打)よりも、大谷のプレーに関心を寄せています」と、エンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」でコラムニストを務めるディラン・ヘルナンデス記者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る