• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米“大谷フィーバー”の背景に米国人が共感する開拓者精神

 エンゼルス・大谷翔平(23)が17日(日本時間18日)、本拠地アナハイムでのレッドソックス戦に登板。ア・リーグ東西両地区の首位同士の3連戦の初戦を任されたが、2回4安打3失点でメジャー初黒星を喫した。試合は1-10でエンゼルスの連勝も7で止まった。

 それでも、開幕から二刀流として潜在能力の高さを発揮する大谷に、本拠地アナハイムの野球ファンからは称賛の声が上がっている。試合前のスタメン発表時や打席に向かう際の声援の大きさは、現役最多617本塁打のプホルス、MVP2回のトラウトの看板打者2人を抑え、今や大谷がトップ。投打にわたるパフォーマンスの高さは、スタンドのファンをうならせている。

「アナハイムのファンの大半はプホルスの記録達成(通算3000安打)よりも、大谷のプレーに関心を寄せています」と、エンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」でコラムニストを務めるディラン・ヘルナンデス記者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る