思い出の地でプロ初安打 清宮は再びケガの功名にできるか

公開日:

 清宮幸太郎(18)にとって思い出深い球場だ。

 17日、日本ハムと楽天の二軍戦が行われた楽天生命パーク。清宮は中学3年の夏、この球場で右翼席に特大のアーチを放っている。

 その本塁打を打つまでには、長いリハビリ生活があった。中学1年の冬。調布リトルシニアに在籍していた清宮は、シート打撃で一塁を駆け抜けると、うずくまって動けなくなった。腰を疲労骨折したのだ。

 黙々とリハビリをこなす日々。3年に進級する直前の春の全国大会にも選手としては出場できなかった。それでも清宮は安羅岡監督に「気がついたことは何でも一生懸命やります」とベンチ入りを直訴。背番号「24」を背負い、ベンチでは大きな声を出し、選手たちの用具係に徹した。

 同時期に清宮は、トレーニングジムに通い始め、今や183センチ、100キロ強となった肉体の原型を作り始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る