思い出の地でプロ初安打 清宮は再びケガの功名にできるか

公開日:

 清宮幸太郎(18)にとって思い出深い球場だ。

 17日、日本ハムと楽天の二軍戦が行われた楽天生命パーク。清宮は中学3年の夏、この球場で右翼席に特大のアーチを放っている。

 その本塁打を打つまでには、長いリハビリ生活があった。中学1年の冬。調布リトルシニアに在籍していた清宮は、シート打撃で一塁を駆け抜けると、うずくまって動けなくなった。腰を疲労骨折したのだ。

 黙々とリハビリをこなす日々。3年に進級する直前の春の全国大会にも選手としては出場できなかった。それでも清宮は安羅岡監督に「気がついたことは何でも一生懸命やります」とベンチ入りを直訴。背番号「24」を背負い、ベンチでは大きな声を出し、選手たちの用具係に徹した。

 同時期に清宮は、トレーニングジムに通い始め、今や183センチ、100キロ強となった肉体の原型を作り始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る