• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

思い出の地でプロ初安打 清宮は再びケガの功名にできるか

 清宮幸太郎(18)にとって思い出深い球場だ。

 17日、日本ハムと楽天の二軍戦が行われた楽天生命パーク。清宮は中学3年の夏、この球場で右翼席に特大のアーチを放っている。

 その本塁打を打つまでには、長いリハビリ生活があった。中学1年の冬。調布リトルシニアに在籍していた清宮は、シート打撃で一塁を駆け抜けると、うずくまって動けなくなった。腰を疲労骨折したのだ。

 黙々とリハビリをこなす日々。3年に進級する直前の春の全国大会にも選手としては出場できなかった。それでも清宮は安羅岡監督に「気がついたことは何でも一生懸命やります」とベンチ入りを直訴。背番号「24」を背負い、ベンチでは大きな声を出し、選手たちの用具係に徹した。

 同時期に清宮は、トレーニングジムに通い始め、今や183センチ、100キロ強となった肉体の原型を作り始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る