• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武が日ハムとの8点差逆転 辻監督「まさか」と興奮しきり

 まさかまさかの大逆転劇である。

 18日、西武はリリーフ陣が打ち込まれ、八回表を終えた時点で0―8という一方的な展開に追い込まれた。

 しかし、そこはリーグ屈指の破壊力を誇る打線だ。7回無失点と好投した日本ハム先発の高梨が降板したのを合図にリリーフ陣へ襲い掛かり、八回だけで一挙7点の猛攻。瞬く間に1点差に詰め寄った。

 こうなると勢いの止まらない西武打線は、九回無死満塁から森友哉のサヨナラヒットでゲームを締めた。

 西武は開幕8連勝と最高のスタートを飾るも、その後は前日17日まで3勝4敗。ケガ人だらけのソフトバンクに、わずか2ゲーム差に忍び寄られていた。この劇的勝利には辻監督も「まさかというのが一番」と興奮することしきり。

 一方、日ハムの栗山監督は敗戦時の定型句、「オレの責任」という言葉を残し、球場を後にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る