打撃フォームも要因か 日ハム清宮に執拗な“内角攻め”の壁

公開日:  更新日:

 大きな放物線を描いた。22日、日本ハムの清宮幸太郎(18)がロッテとの二軍戦で右腕・阿部の真ん中やや外寄りの149キロ速球を捉え、3号本塁打を放った。

 この日は左前打もマークして2安打。20日のロッテ戦でも2本塁打しており、徐々に調子を上げてきた。試合後の清宮は本塁打について、「来た球を打った感じ。上がり過ぎちゃったと思ったら、入ってくれた。今まで変化球しか打てていなかったので、速い球を初球から打てたのは良かった」と話した。

 一方で、執拗な内角攻めも受けた。2本塁打した翌21日の試合からその傾向は顕著で、同試合で4タコに終わると、この日も1、2打席目は左腕の藤岡に徹底して内角を突かれ、それぞれ中飛と二ゴロに倒れた。清宮は「内角をうまく攻められている。ファウルになった球など打てない球ではなかったと思う。まだまだ課題はある。後々、打てるようにしたい」と言ったが、さる日本ハムOBはこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る