打撃フォームも要因か 日ハム清宮に執拗な“内角攻め”の壁

公開日: 更新日:

 大きな放物線を描いた。22日、日本ハムの清宮幸太郎(18)がロッテとの二軍戦で右腕・阿部の真ん中やや外寄りの149キロ速球を捉え、3号本塁打を放った。

 この日は左前打もマークして2安打。20日のロッテ戦でも2本塁打しており、徐々に調子を上げてきた。試合後の清宮は本塁打について、「来た球を打った感じ。上がり過ぎちゃったと思ったら、入ってくれた。今まで変化球しか打てていなかったので、速い球を初球から打てたのは良かった」と話した。

 一方で、執拗な内角攻めも受けた。2本塁打した翌21日の試合からその傾向は顕著で、同試合で4タコに終わると、この日も1、2打席目は左腕の藤岡に徹底して内角を突かれ、それぞれ中飛と二ゴロに倒れた。清宮は「内角をうまく攻められている。ファウルになった球など打てない球ではなかったと思う。まだまだ課題はある。後々、打てるようにしたい」と言ったが、さる日本ハムOBはこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  10. 10

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る