打撃フォームも要因か 日ハム清宮に執拗な“内角攻め”の壁

公開日: 更新日:

 大きな放物線を描いた。22日、日本ハム清宮幸太郎(18)がロッテとの二軍戦で右腕・阿部の真ん中やや外寄りの149キロ速球を捉え、3号本塁打を放った。

 この日は左前打もマークして2安打。20日のロッテ戦でも2本塁打しており、徐々に調子を上げてきた。試合後の清宮は本塁打について、「来た球を打った感じ。上がり過ぎちゃったと思ったら、入ってくれた。今まで変化球しか打てていなかったので、速い球を初球から打てたのは良かった」と話した。

 一方で、執拗な内角攻めも受けた。2本塁打した翌21日の試合からその傾向は顕著で、同試合で4タコに終わると、この日も1、2打席目は左腕の藤岡に徹底して内角を突かれ、それぞれ中飛と二ゴロに倒れた。清宮は「内角をうまく攻められている。ファウルになった球など打てない球ではなかったと思う。まだまだ課題はある。後々、打てるようにしたい」と言ったが、さる日本ハムOBはこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る