• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃フォームも要因か 日ハム清宮に執拗な“内角攻め”の壁

 大きな放物線を描いた。22日、日本ハムの清宮幸太郎(18)がロッテとの二軍戦で右腕・阿部の真ん中やや外寄りの149キロ速球を捉え、3号本塁打を放った。

 この日は左前打もマークして2安打。20日のロッテ戦でも2本塁打しており、徐々に調子を上げてきた。試合後の清宮は本塁打について、「来た球を打った感じ。上がり過ぎちゃったと思ったら、入ってくれた。今まで変化球しか打てていなかったので、速い球を初球から打てたのは良かった」と話した。

 一方で、執拗な内角攻めも受けた。2本塁打した翌21日の試合からその傾向は顕著で、同試合で4タコに終わると、この日も1、2打席目は左腕の藤岡に徹底して内角を突かれ、それぞれ中飛と二ゴロに倒れた。清宮は「内角をうまく攻められている。ファウルになった球など打てない球ではなかったと思う。まだまだ課題はある。後々、打てるようにしたい」と言ったが、さる日本ハムOBはこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る