得点圏低く出塁率チームトップ 巨人ゲレーロの適正打順は

公開日:

 巨人のアレックス・ゲレーロ(31)が珍しくチャンスで打った。

 敵地甲子園に乗り込んだ20日の阪神戦。2―0の四回無死満塁で3番のゲレーロに打順が回ると、バットの先っぽに当たった打球は不規則な回転がかかり、一塁・ロサリオの股間を抜ける適時2点二塁打となった。

 中日時代の昨季に35発を放って本塁打王を獲得したが、打点は86。22本が走者なしの場面で「ソロキング」と揶揄された。今のところ、巨人での2本もソロである。昨季の得点圏打率は・258で今季は20日現在・200。この日もラッキーな適時打以外は2度の得点機でいずれも三振に倒れた。

 一方で出塁率はチームトップの・418。この日も2つ選び、リーグ4位の14四球だ。ゲレーロをよく知る関係者は、「普段は選球眼がいいのに、走者がいると、どうしても力んでボール球にも手を出してしまう」と言う。そんな助っ人だから「返す側」のクリーンアップには向いていないとの指摘がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る