得点圏低く出塁率チームトップ 巨人ゲレーロの適正打順は

公開日: 更新日:

 巨人アレックス・ゲレーロ(31)が珍しくチャンスで打った。

 敵地甲子園に乗り込んだ20日の阪神戦。2―0の四回無死満塁で3番のゲレーロに打順が回ると、バットの先っぽに当たった打球は不規則な回転がかかり、一塁・ロサリオの股間を抜ける適時2点二塁打となった。

 中日時代の昨季に35発を放って本塁打王を獲得したが、打点は86。22本が走者なしの場面で「ソロキング」と揶揄された。今のところ、巨人での2本もソロである。昨季の得点圏打率は・258で今季は20日現在・200。この日もラッキーな適時打以外は2度の得点機でいずれも三振に倒れた。

 一方で出塁率はチームトップの・418。この日も2つ選び、リーグ4位の14四球だ。ゲレーロをよく知る関係者は、「普段は選球眼がいいのに、走者がいると、どうしても力んでボール球にも手を出してしまう」と言う。そんな助っ人だから「返す側」のクリーンアップには向いていないとの指摘がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る