基本をおろそかに…江夏豊氏が語っていた藤浪の致命的欠点

公開日:  更新日:

 頭の中をカラッポにして一から出直すべきだ。

 阪神の藤浪(24)は20日の巨人戦に先発し、5回9安打6四球6失点で降板。120球の独り相撲で3連勝のチームに水を差した。

 開幕4試合、21回3分の2を投げて16四球、13失点、防御率5・40。金本監督は「悪いところが出ました。見ての通り。次の登板チャンス? うーん、どうだろうね。これから考えます」といったが、何を迷うことがあろうか。

 藤浪は入団から2年連続2ケタ勝利でうぬぼれていたのだろう。15年春季キャンプの臨時コーチを務めたOBの江夏豊氏は「藤浪だけは聞く耳を持たなかった」と、日刊ゲンダイのインタビューで次のように語っていた。

「たった8日間で技術的なことを言うのは無責任だし、選手とすれば迷惑。僕が一番大事にしてきたキャッチボールをわかってもらいたいと考えた。ボールを正しく握って正しい回転で投げる。今の若い子たちはキャッチボールが単なるウオーミングアップという考えで、野手のような雑な投げ方をしている投手もいる。キャッチボールの延長にブルペン、マウンドがある。僕が阪神に入団した時、村山実さんが時間をかけて丹念にキャッチボールをやっていた。年数を積んでその意味がわかった。せめて阪神の投手だけは大事にしようぜと……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る