• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃で結果出るも…清宮一軍昇格は守備・走塁が“必須科目”

「はたして今のまま上(一軍)に行ってチームにとってプラスになるのか。ハジをかくことになったらかわいそう」

 清宮幸太郎(18)について、22日のロッテ二軍戦後にこう話したのは荒木二軍監督だ。

 二軍公式戦では3本塁打と結果が出始めている。かねて同監督は打撃について高く評価する一方で、「多くゲームに出ていると、課題も問題も出てくる」と指摘していた。

 その一つが守備、走塁だ。22日の試合では、第3打席で左翼方向へフワフワと上がった打球がライン際にポトリと落ちて左前打になった。しかし、清宮は一瞬、「スタンドに飛び込むファウルだと思った」と勘違い。走り出しが2秒ほど遅れた。打った瞬間にスタートを切ってダッシュしていれば二塁打になっていたところだ。

 直後に岡が右前打を放っており、清宮の緩慢プレーがなければ、結果的に得点につながった可能性はある。試合後にはこの走塁についてコーチから注意を受け、清宮も反省した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る