打撃で結果出るも…清宮一軍昇格は守備・走塁が“必須科目”

公開日: 更新日:

「はたして今のまま上(一軍)に行ってチームにとってプラスになるのか。ハジをかくことになったらかわいそう」

 清宮幸太郎(18)について、22日のロッテ二軍戦後にこう話したのは荒木二軍監督だ。

 二軍公式戦では3本塁打と結果が出始めている。かねて同監督は打撃について高く評価する一方で、「多くゲームに出ていると、課題も問題も出てくる」と指摘していた。

 その一つが守備、走塁だ。22日の試合では、第3打席で左翼方向へフワフワと上がった打球がライン際にポトリと落ちて左前打になった。しかし、清宮は一瞬、「スタンドに飛び込むファウルだと思った」と勘違い。走り出しが2秒ほど遅れた。打った瞬間にスタートを切ってダッシュしていれば二塁打になっていたところだ。

 直後に岡が右前打を放っており、清宮の緩慢プレーがなければ、結果的に得点につながった可能性はある。試合後にはこの走塁についてコーチから注意を受け、清宮も反省した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る