打撃で結果出るも…清宮一軍昇格は守備・走塁が“必須科目”

公開日:

「はたして今のまま上(一軍)に行ってチームにとってプラスになるのか。ハジをかくことになったらかわいそう」

 清宮幸太郎(18)について、22日のロッテ二軍戦後にこう話したのは荒木二軍監督だ。

 二軍公式戦では3本塁打と結果が出始めている。かねて同監督は打撃について高く評価する一方で、「多くゲームに出ていると、課題も問題も出てくる」と指摘していた。

 その一つが守備、走塁だ。22日の試合では、第3打席で左翼方向へフワフワと上がった打球がライン際にポトリと落ちて左前打になった。しかし、清宮は一瞬、「スタンドに飛び込むファウルだと思った」と勘違い。走り出しが2秒ほど遅れた。打った瞬間にスタートを切ってダッシュしていれば二塁打になっていたところだ。

 直後に岡が右前打を放っており、清宮の緩慢プレーがなければ、結果的に得点につながった可能性はある。試合後にはこの走塁についてコーチから注意を受け、清宮も反省した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る