エンゼルス大谷はもう丸裸? 覇者アストロズ打線の破壊力

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)の次回登板が、24日(日本時間25日午前9時10分)、敵地ヒューストンで行われるアストロズ戦に決まった。22日(日本時間23日)、ソーシア監督が明らかにした。

 アストロズは昨年のワールドシリーズ覇者。22日現在、2位のエンゼルスに1.5ゲーム差をつけてア・リーグ西地区首位を走っている。目下6連勝中。ここ6試合で計47得点、1試合平均7.8得点と打線が活発なチームだ。

野球は点取りゲームです。いかにして相手より点を多く取るかが勝敗に直接結び付く」と話すルーノウGMのもと、出塁率に長打率を加えた「OPS」という数値を重要視している。

■レッドソックス以上の破壊力

 大谷は前回登板のレッドソックス戦で2回を投げ、本塁打を含む4安打3失点と打ち込まれ、初黒星を喫したが、「アストロズ打線は前回のレッドソックス以上に迫力があります」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る