• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕10試合連続0へM1 中日・鈴木博を支える“メジャー志向”

 外れ1位でも期待はハズさない。

 中日のドラフト1位、鈴木博志(21=ヤマハ)である。

 広島に入団した中村奨成(18)の外れ1位だが、ここまで中継ぎとして9試合に登板し、計4安打無失点。「防御率0.00」と期待に応えている。

 主に勝ち試合のセットアッパーを任され、ここまでホールドは3つ。

 21日の広島戦では、八回途中からプロ初の「回またぎ」を経験しながら一人の走者も許さず、味方の援護で初勝利。完全に首脳陣の信頼を得ている。

 鈴木の目標は絶対的な守護神。しかも、見据える先は日本ではなく海の向こう、大リーグだ。

 背番号にもその思いが表れている。

 指名挨拶で希望した「46」は、目標にしているレッドソックスのキンブレルの番号。ブレーブス時代の11年から4年連続セーブ王に輝いたクローザーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る