開幕10試合連続0へM1 中日・鈴木博を支える“メジャー志向”

公開日: 更新日:

 外れ1位でも期待はハズさない。

 中日のドラフト1位、鈴木博志(21=ヤマハ)である。

 広島に入団した中村奨成(18)の外れ1位だが、ここまで中継ぎとして9試合に登板し、計4安打無失点。「防御率0.00」と期待に応えている。

 主に勝ち試合のセットアッパーを任され、ここまでホールドは3つ。

 21日の広島戦では、八回途中からプロ初の「回またぎ」を経験しながら一人の走者も許さず、味方の援護で初勝利。完全に首脳陣の信頼を得ている。

 鈴木の目標は絶対的な守護神。しかも、見据える先は日本ではなく海の向こう、大リーグだ。

 背番号にもその思いが表れている。

 指名挨拶で希望した「46」は、目標にしているレッドソックスのキンブレルの番号。ブレーブス時代の11年から4年連続セーブ王に輝いたクローザーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る