• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・中村が登録抹消…世代交代と“おかわりのジレンマ”

 22日、西武の中村剛也(34)が登録抹消された。

 21日のロッテ戦で、三塁守備の際に左肩を負傷。今季は打率.145、0本塁打、2打点と、バットでもサッパリだった。

 かつては不動の4番だったが、辻監督は昨季終盤から山川を中軸に抜擢。中村は今季は6~8番と大きく打順が下がっていた。

 世代交代が順調な西武では、今後、中村の出番は減る一方だろう。かといって、FA宣言するにもネックが多い。

 4年契約が終わった昨オフは1億3000万円減の1年契約を結んだとはいえ、それでも年俸2億8000万円。ケガが多く、今年で35歳。三塁守備もグラブさばきが柔らかいこと以外に見るべき点はない。

 このまま徐々に年俸が下がっていくのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る