• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

変化球を先制打 苦しむ中日福田を変えた横浜高恩師の一言

 22日、中日が広島を3タテした。

 二回、モヤの中前打から2死三塁とし、福田永将(29)が広島先発の大瀬良から左越えの先制二塁打を放った。中日はこの回2点を奪って逃げ切り勝ち。福田は試合前まで打率・203と苦しんでいたが、“キッカケ”があった。

 横浜高で部長、コーチを歴任した小倉清一郎氏(73)がこの日、ナゴヤドームを訪れた。試合前の練習中に激励を受けた福田は、名門・横浜で1年春からベンチ入り。3年時は主将として2006年のセンバツで優勝を果たした。小倉氏がこう明かす。

「ちょっと気になったことがあったので伝えました。軸足の右足が折れちゃって変化球に崩されていたので、『もっと右足で踏ん張れ』と。最近は左足のステップ幅が大きくなっていた。そうなると右足が折れやすくなって打球が飛ばない。自覚していなかったのか、驚いた顔をしていましたね。『(フリー打撃で)隣の(高橋)周平の方が飛ばしてるじゃねえか』って言ってやりましたよ。なにクソ、と奮起してくれたらいいと思ってね」

 打ったのは大瀬良の137キロのカットボール。一瞬崩されかけたが、軸足で踏ん張り、振り切った。小倉氏も「うまく打ったね」とうれしそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る