変化球を先制打 苦しむ中日福田を変えた横浜高恩師の一言

公開日:

 22日、中日が広島を3タテした。

 二回、モヤの中前打から2死三塁とし、福田永将(29)が広島先発の大瀬良から左越えの先制二塁打を放った。中日はこの回2点を奪って逃げ切り勝ち。福田は試合前まで打率・203と苦しんでいたが、“キッカケ”があった。

 横浜高で部長、コーチを歴任した小倉清一郎氏(73)がこの日、ナゴヤドームを訪れた。試合前の練習中に激励を受けた福田は、名門・横浜で1年春からベンチ入り。3年時は主将として2006年のセンバツで優勝を果たした。小倉氏がこう明かす。

「ちょっと気になったことがあったので伝えました。軸足の右足が折れちゃって変化球に崩されていたので、『もっと右足で踏ん張れ』と。最近は左足のステップ幅が大きくなっていた。そうなると右足が折れやすくなって打球が飛ばない。自覚していなかったのか、驚いた顔をしていましたね。『(フリー打撃で)隣の(高橋)周平の方が飛ばしてるじゃねえか』って言ってやりましたよ。なにクソ、と奮起してくれたらいいと思ってね」

 打ったのは大瀬良の137キロのカットボール。一瞬崩されかけたが、軸足で踏ん張り、振り切った。小倉氏も「うまく打ったね」とうれしそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る