変化球を先制打 苦しむ中日福田を変えた横浜高恩師の一言

公開日:

 22日、中日が広島を3タテした。

 二回、モヤの中前打から2死三塁とし、福田永将(29)が広島先発の大瀬良から左越えの先制二塁打を放った。中日はこの回2点を奪って逃げ切り勝ち。福田は試合前まで打率・203と苦しんでいたが、“キッカケ”があった。

 横浜高で部長、コーチを歴任した小倉清一郎氏(73)がこの日、ナゴヤドームを訪れた。試合前の練習中に激励を受けた福田は、名門・横浜で1年春からベンチ入り。3年時は主将として2006年のセンバツで優勝を果たした。小倉氏がこう明かす。

「ちょっと気になったことがあったので伝えました。軸足の右足が折れちゃって変化球に崩されていたので、『もっと右足で踏ん張れ』と。最近は左足のステップ幅が大きくなっていた。そうなると右足が折れやすくなって打球が飛ばない。自覚していなかったのか、驚いた顔をしていましたね。『(フリー打撃で)隣の(高橋)周平の方が飛ばしてるじゃねえか』って言ってやりましたよ。なにクソ、と奮起してくれたらいいと思ってね」

 打ったのは大瀬良の137キロのカットボール。一瞬崩されかけたが、軸足で踏ん張り、振り切った。小倉氏も「うまく打ったね」とうれしそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る