ロシアW杯で爆発なるか 強豪国注目のキープレーヤーたち

公開日: 更新日:

■ルイス・スアレス(ウルグアイ)

「相手ゴール前で点を取ることに特化した」世界有数のストライカーとして評価は非常に高い。

 しかし、W杯に関していえばスアレス=悪童ストライカーである。

 10年南ア大会の準々決勝ガーナ戦。延長後半に相手シュートを故意に手ではじき返し、もちろん一発レッドで退場処分だ。

 4年後のブラジル大会では、グループリーグのイタリア戦でDFキエッリーニに噛み付き、4カ月の活動停止処分を受けるなど「手の付けられないクレージー野郎」のイメージが定着した。

 ともあれ、ロシア出場国のFWの中で、プレーの展開を読みながら、即座にボールに反応して抜け目なく得点を決めるゴール感覚は、まぎれもなく特Aクラスである。

 バルセロナの欧州CL準々決勝敗退はプラス材料となる。コンディションを整え、W杯に照準を合わせられるからだ。

 爆発の予感が漂う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る