ロシアW杯で爆発なるか 強豪国注目のキープレーヤーたち

公開日: 更新日:

■ルイス・スアレス(ウルグアイ)

「相手ゴール前で点を取ることに特化した」世界有数のストライカーとして評価は非常に高い。

 しかし、W杯に関していえばスアレス=悪童ストライカーである。

 10年南ア大会の準々決勝ガーナ戦。延長後半に相手シュートを故意に手ではじき返し、もちろん一発レッドで退場処分だ。

 4年後のブラジル大会では、グループリーグのイタリア戦でDFキエッリーニに噛み付き、4カ月の活動停止処分を受けるなど「手の付けられないクレージー野郎」のイメージが定着した。

 ともあれ、ロシア出場国のFWの中で、プレーの展開を読みながら、即座にボールに反応して抜け目なく得点を決めるゴール感覚は、まぎれもなく特Aクラスである。

 バルセロナの欧州CL準々決勝敗退はプラス材料となる。コンディションを整え、W杯に照準を合わせられるからだ。

 爆発の予感が漂う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る