ロシアW杯で爆発なるか 強豪国注目のキープレーヤーたち

公開日:

■ルイス・スアレス(ウルグアイ)

「相手ゴール前で点を取ることに特化した」世界有数のストライカーとして評価は非常に高い。

 しかし、W杯に関していえばスアレス=悪童ストライカーである。

 10年南ア大会の準々決勝ガーナ戦。延長後半に相手シュートを故意に手ではじき返し、もちろん一発レッドで退場処分だ。

 4年後のブラジル大会では、グループリーグのイタリア戦でDFキエッリーニに噛み付き、4カ月の活動停止処分を受けるなど「手の付けられないクレージー野郎」のイメージが定着した。

 ともあれ、ロシア出場国のFWの中で、プレーの展開を読みながら、即座にボールに反応して抜け目なく得点を決めるゴール感覚は、まぎれもなく特Aクラスである。

 バルセロナの欧州CL準々決勝敗退はプラス材料となる。コンディションを整え、W杯に照準を合わせられるからだ。

 爆発の予感が漂う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る