長谷川健太氏と風間八宏氏 次の代表監督をめぐる“明と暗”

公開日:

 ハリルホジッチ監督が解任されて西野朗(63)体制となった際、日本サッカー協会(JFA)の強化委員会から「(西野監督の後も)日本人監督の就任を求める」意見が出された。そうなると現役J監督の中で有力候補はG大阪時代の14年にリーグ、カップ戦、天皇杯の3冠を獲得したFC東京の長谷川健太監督(52)、川崎を常勝軍団に育て「戦術家」と評判の名古屋・風間八宏監督(56)の2人だろう。

 もっとも、今季Jの成績は対照的だ。FC東京は7勝1分け3敗で2位。リーグ8連敗中の名古屋は2勝1分け8敗で最下位に低迷。ハッキリと明暗を分けている。

「長谷川監督は、たとえばDF室屋には『持ち味の突破力と豊富な上下運動を生かせ』とアドバイス。サイドアタッカー起用だったFW永井をトップに置いてシュートをより意識させ、もともと非凡な得点力をグイッと引き出した。選手のヤル気を引き出すモチベーターとしての能力の高さもストロングポイントです」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る