• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長谷川健太氏と風間八宏氏 次の代表監督をめぐる“明と暗”

 ハリルホジッチ監督が解任されて西野朗(63)体制となった際、日本サッカー協会(JFA)の強化委員会から「(西野監督の後も)日本人監督の就任を求める」意見が出された。そうなると現役J監督の中で有力候補はG大阪時代の14年にリーグ、カップ戦、天皇杯の3冠を獲得したFC東京の長谷川健太監督(52)、川崎を常勝軍団に育て「戦術家」と評判の名古屋・風間八宏監督(56)の2人だろう。

 もっとも、今季Jの成績は対照的だ。FC東京は7勝1分け3敗で2位。リーグ8連敗中の名古屋は2勝1分け8敗で最下位に低迷。ハッキリと明暗を分けている。

「長谷川監督は、たとえばDF室屋には『持ち味の突破力と豊富な上下運動を生かせ』とアドバイス。サイドアタッカー起用だったFW永井をトップに置いてシュートをより意識させ、もともと非凡な得点力をグイッと引き出した。選手のヤル気を引き出すモチベーターとしての能力の高さもストロングポイントです」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る