長谷川健太氏と風間八宏氏 次の代表監督をめぐる“明と暗”

公開日:

 ハリルホジッチ監督が解任されて西野朗(63)体制となった際、日本サッカー協会(JFA)の強化委員会から「(西野監督の後も)日本人監督の就任を求める」意見が出された。そうなると現役J監督の中で有力候補はG大阪時代の14年にリーグ、カップ戦、天皇杯の3冠を獲得したFC東京の長谷川健太監督(52)、川崎を常勝軍団に育て「戦術家」と評判の名古屋・風間八宏監督(56)の2人だろう。

 もっとも、今季Jの成績は対照的だ。FC東京は7勝1分け3敗で2位。リーグ8連敗中の名古屋は2勝1分け8敗で最下位に低迷。ハッキリと明暗を分けている。

「長谷川監督は、たとえばDF室屋には『持ち味の突破力と豊富な上下運動を生かせ』とアドバイス。サイドアタッカー起用だったFW永井をトップに置いてシュートをより意識させ、もともと非凡な得点力をグイッと引き出した。選手のヤル気を引き出すモチベーターとしての能力の高さもストロングポイントです」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る