ハリル電撃解任のドタバタで露呈 日本サッカーの三流ぶり

公開日:  更新日:

 ロシアW杯の2カ月前にハリルホジッチ監督が電撃解任され、日本サッカー協会(JFA)技術委員会の西野朗委員長が後釜に座った。

 2016年から丸々2年間、現場から離れていた上に代表監督経験ゼロである。

 このデタラメ人事に怒り心頭のハリルが緊急来日。27日午後4時から日本記者クラブで会見を行うとアナウンスされたとき、一部のサッカー関係者が「ハリルは“前科者”だからね。そもそも日本代表監督として雇うべきではなかった」と言った。

 ハリルはパリSGを最後に現役を引退。指導者転身後は、フランスリーグのリールやレンヌなど中堅クラブで監督をやり、03年に古巣パリSGで采配を振った。

 04―05年シーズン途中に成績不振を理由に契約を解除されると、ハリルは「不当解雇。社会的信用が失墜。精神的苦痛も味わった。契約期間中の年俸に慰謝料を含めて10億円を支払え」と06年に裁判を起こした。前出の関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る