武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみに何もできない日本テニス協会に未来はあるか

公開日:

 かつてラファエル・ナダルが楽天オープンから帰国する際、空港に送らなかった日本テニス協会の理事がこう言った。

「何もしないという、おもてなしもあります」

 それからナダルの来日が絶えたのはともかく、このコメントには感心した。日本のテニスも捨てたものじゃないと思った。

 さて、大坂なおみが女子テニスツアーのBNPパリバ・オープンで優勝した。年間4大会だけのプレミアマンダトリーのひとつで、全トップ選手に出場義務があるハイレベルな大会だ。

 序盤で、マリア・シャラポワ、アグニエシュカ・ラドワンスカを、終盤に元女王のカロリナ・プリスコバ、現女王のシモナ・ハレプをなぎ倒した。

 勝因として新コーチの存在が指摘されている。昨年11月からチームに加入したサーシャ・ベイジンはコーチの実績はなく、ヒッティングパートナーとしてセリーナ・ウィリアムズが評価した人物だ。選手を乗せるのがうまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る