武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみに何もできない日本テニス協会に未来はあるか

公開日: 更新日:

 かつてラファエル・ナダル楽天オープンから帰国する際、空港に送らなかった日本テニス協会の理事がこう言った。

「何もしないという、おもてなしもあります」

 それからナダルの来日が絶えたのはともかく、このコメントには感心した。日本のテニスも捨てたものじゃないと思った。

 さて、大坂なおみが女子テニスツアーのBNPパリバ・オープンで優勝した。年間4大会だけのプレミアマンダトリーのひとつで、全トップ選手に出場義務があるハイレベルな大会だ。

 序盤で、マリア・シャラポワ、アグニエシュカ・ラドワンスカを、終盤に元女王のカロリナ・プリスコバ、現女王のシモナ・ハレプをなぎ倒した。

 勝因として新コーチの存在が指摘されている。昨年11月からチームに加入したサーシャ・ベイジンはコーチの実績はなく、ヒッティングパートナーとしてセリーナ・ウィリアムズが評価した人物だ。選手を乗せるのがうまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  5. 5

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  9. 9

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る