初の交流戦で代打凡退も 大谷に“球場最長弾”更新チャンス

公開日: 更新日:

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、ロッキーズとの交流戦2連戦の初戦に臨み2対4と敗れた。ナ・リーグの本拠地でDH制を採用しないため、大谷翔平(23)は先発出場せず7回に代打で登場。一塁ゴロに倒れたものの、敵地クアーズフィールドでは、メジャーを代表する長距離砲に肩を並べるチャンスがもう一戦ある。

 ここまで大谷が放った4本塁打のうち、最長飛距離は4月6日のアスレチックス戦での約137メートル。これは今季のメジャー18位タイながら、昨季ア・リーグ本塁打王ヤンキース・ジャッジの約135メートルを上回った。

 大谷は飛距離だけでなく、打球の速度でも上位にランクされる。ボールの動きなどを解析するMLBの「スタットキャスト」によれば、大谷の平均打球速度は約152キロで19位。トップのマリナーズ・クルーズの約157キロ、2位のジャッジの154キロと比べても遜色ない数字だ。打球の速度では、今季、本塁打(13本)、打率(3割5分5厘)とも両リーグトップのレッドソックス・ベッツ(約151キロ)をしのぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る