初の交流戦で代打凡退も 大谷に“球場最長弾”更新チャンス

公開日: 更新日:

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、ロッキーズとの交流戦2連戦の初戦に臨み2対4と敗れた。ナ・リーグの本拠地でDH制を採用しないため、大谷翔平(23)は先発出場せず7回に代打で登場。一塁ゴロに倒れたものの、敵地クアーズフィールドでは、メジャーを代表する長距離砲に肩を並べるチャンスがもう一戦ある。

 ここまで大谷が放った4本塁打のうち、最長飛距離は4月6日のアスレチックス戦での約137メートル。これは今季のメジャー18位タイながら、昨季ア・リーグ本塁打王ヤンキース・ジャッジの約135メートルを上回った。

 大谷は飛距離だけでなく、打球の速度でも上位にランクされる。ボールの動きなどを解析するMLBの「スタットキャスト」によれば、大谷の平均打球速度は約152キロで19位。トップのマリナーズ・クルーズの約157キロ、2位のジャッジの154キロと比べても遜色ない数字だ。打球の速度では、今季、本塁打(13本)、打率(3割5分5厘)とも両リーグトップのレッドソックス・ベッツ(約151キロ)をしのぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る