• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初の交流戦で代打凡退も 大谷に“球場最長弾”更新チャンス

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、ロッキーズとの交流戦2連戦の初戦に臨み2対4と敗れた。ナ・リーグの本拠地でDH制を採用しないため、大谷翔平(23)は先発出場せず7回に代打で登場。一塁ゴロに倒れたものの、敵地クアーズフィールドでは、メジャーを代表する長距離砲に肩を並べるチャンスがもう一戦ある。

 ここまで大谷が放った4本塁打のうち、最長飛距離は4月6日のアスレチックス戦での約137メートル。これは今季のメジャー18位タイながら、昨季ア・リーグ本塁打王ヤンキース・ジャッジの約135メートルを上回った。

 大谷は飛距離だけでなく、打球の速度でも上位にランクされる。ボールの動きなどを解析するMLBの「スタットキャスト」によれば、大谷の平均打球速度は約152キロで19位。トップのマリナーズ・クルーズの約157キロ、2位のジャッジの154キロと比べても遜色ない数字だ。打球の速度では、今季、本塁打(13本)、打率(3割5分5厘)とも両リーグトップのレッドソックス・ベッツ(約151キロ)をしのぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る