初の交流戦で代打凡退も 大谷に“球場最長弾”更新チャンス

公開日:

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、ロッキーズとの交流戦2連戦の初戦に臨み2対4と敗れた。ナ・リーグの本拠地でDH制を採用しないため、大谷翔平(23)は先発出場せず7回に代打で登場。一塁ゴロに倒れたものの、敵地クアーズフィールドでは、メジャーを代表する長距離砲に肩を並べるチャンスがもう一戦ある。

 ここまで大谷が放った4本塁打のうち、最長飛距離は4月6日のアスレチックス戦での約137メートル。これは今季のメジャー18位タイながら、昨季ア・リーグ本塁打王ヤンキース・ジャッジの約135メートルを上回った。

 大谷は飛距離だけでなく、打球の速度でも上位にランクされる。ボールの動きなどを解析するMLBの「スタットキャスト」によれば、大谷の平均打球速度は約152キロで19位。トップのマリナーズ・クルーズの約157キロ、2位のジャッジの154キロと比べても遜色ない数字だ。打球の速度では、今季、本塁打(13本)、打率(3割5分5厘)とも両リーグトップのレッドソックス・ベッツ(約151キロ)をしのぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る