ベテラン2番手捕手と好相性 大谷3勝目で見えた収穫と課題

公開日: 更新日:

 二刀流が不安を払拭した。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が6日(日本時間7日)、敵地シアトルでのマリナーズ戦に登板。4月24日のアストロズ戦以来となる中11日でのマウンドは6回3分の0を1本塁打含む6安打2失点、6奪三振、3四死球で3勝目(1敗)を挙げた。

 大谷は4月27日のヤンキース戦で左足首を捻挫した影響はまるで感じさせない。身内の不幸でチームを離れている正捕手マルドナドに代わり、今季初めてバッテリーを組んだ2番手リベラと息の合ったコンビネーションも見せた。

 34歳のベテラン捕手の好リードもあって、最速160キロ超の直球を主体に、カーブ、スライダー、スプリットと勝負球を使い分けて相手に的を絞らせない。14年の本塁打王(40本)で、昨季の打点王(119)の4番クルーズのバットに空を切らせるなど、五回まで毎回の奪三振。相手先発でサイ・ヤング賞右腕(10年)ヘルナンデスが、六回途中7安打5失点で降板するのを尻目に、中盤までは危なげない投球を披露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る