ベテラン2番手捕手と好相性 大谷3勝目で見えた収穫と課題

公開日:

 二刀流が不安を払拭した。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が6日(日本時間7日)、敵地シアトルでのマリナーズ戦に登板。4月24日のアストロズ戦以来となる中11日でのマウンドは6回3分の0を1本塁打含む6安打2失点、6奪三振、3四死球で3勝目(1敗)を挙げた。

 大谷は4月27日のヤンキース戦で左足首を捻挫した影響はまるで感じさせない。身内の不幸でチームを離れている正捕手マルドナドに代わり、今季初めてバッテリーを組んだ2番手リベラと息の合ったコンビネーションも見せた。

 34歳のベテラン捕手の好リードもあって、最速160キロ超の直球を主体に、カーブ、スライダー、スプリットと勝負球を使い分けて相手に的を絞らせない。14年の本塁打王(40本)で、昨季の打点王(119)の4番クルーズのバットに空を切らせるなど、五回まで毎回の奪三振。相手先発でサイ・ヤング賞右腕(10年)ヘルナンデスが、六回途中7安打5失点で降板するのを尻目に、中盤までは危なげない投球を披露した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る