• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初のスタメン左翼は九回交代 日ハム清宮「外野手」の素質

「場面、打者に応じてポジションを変えたり、対策しなきゃいけない。いい経験になったと思う」

 10日のオリックス戦、清宮幸太郎(18)がプロ初となる左翼でスタメン出場し、こう言った。この日は2本の左前打を無難に処理し、九回裏に無死二塁とサヨナラのピンチを迎えると、ベンチに下がった。8日は八回の1イニングだけ左翼を守ったが、これまでの野球人生で外野を守った経験は、ほぼない。

 栗山監督は「いろんな状況がある。みんなでいろんなところを守っていくしかない」と説明。川名外野守備走塁コーチは試合前、「試合では緊張感がある中で思った動きができないときもあるだろうが、練習の感じでは捕って投げるという部分については、平均以上の能力を持っていると思う」と話していた。

 ゆくゆくはやれる「能力」があるにせよ、外野に関してはシロウト同然の清宮をいきなり実戦で起用するのは日本ハムならでは。栗山監督は「選手として幅が広がることを考えないといけない」と話していた。将来を見据え、打撃を生かすバリエーションを増やしたいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る