初のスタメン左翼は九回交代 日ハム清宮「外野手」の素質

公開日: 更新日:

「場面、打者に応じてポジションを変えたり、対策しなきゃいけない。いい経験になったと思う」

 10日のオリックス戦、清宮幸太郎(18)がプロ初となる左翼でスタメン出場し、こう言った。この日は2本の左前打を無難に処理し、九回裏に無死二塁とサヨナラのピンチを迎えると、ベンチに下がった。8日は八回の1イニングだけ左翼を守ったが、これまでの野球人生で外野を守った経験は、ほぼない。

 栗山監督は「いろんな状況がある。みんなでいろんなところを守っていくしかない」と説明。川名外野守備走塁コーチは試合前、「試合では緊張感がある中で思った動きができないときもあるだろうが、練習の感じでは捕って投げるという部分については、平均以上の能力を持っていると思う」と話していた。

 ゆくゆくはやれる「能力」があるにせよ、外野に関してはシロウト同然の清宮をいきなり実戦で起用するのは日本ハムならでは。栗山監督は「選手として幅が広がることを考えないといけない」と話していた。将来を見据え、打撃を生かすバリエーションを増やしたいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

もっと見る