戦友やコーチが絶賛 SB内川の2000安打は技術と献身の賜物

公開日:

 外角高めの変化球をとらえると、満面の笑みを浮かべて一塁へ走り出した。

 9日、内川聖一(35)が2000安打を達成。残り25本として開幕を迎えながら、31試合121打数を要した。王手をかけてからは14打席無安打。極度の打撃不振で産みの苦しみを味わっただけに、「やっと、やっと打てた。個人的な記録のことでチームに迷惑をかけていることが一番きつかったので、早くこの日を迎えたいという思いでした」と試合後は安堵の表情だった。

 1800試合目での大台達成は史上9番目の早さ。プロ野球の長い歴史で2人しかいない両リーグ首位打者の勲章も持つ希代の右打者を、ナインはどう見ているのか。

 内川の1歳上、高谷裕亮(36)が言う。

■「自己犠牲の精神と技術力」

「例えば何かあって選手が集まったときなどは、うまくみんなをまとめてくれる。キャプテンとして、チーム全体を背負っている覚悟があるのがよくわかる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る