指揮官が二軍落ち示唆…日ハム清宮“一軍残留”への最低条件

公開日: 更新日:

 新人記録に並んだ。

 8日のオリックス戦に5番・指名打者でスタメン出場した日本ハム清宮幸太郎(18)が、第3打席で外寄りの変化球を右前打。デビュー戦から6試合連続安打とし、原辰徳巨人)らが持つプロ野球記録に並んだ。八回裏の守備ではプロ初の左翼守備に入った。

 この日は、大阪在住の父方の祖母が観戦に訪れたという清宮は「課題をクリアしてやっていけている。変化球を待って打つことができた」と笑顔。早実高での練習試合以来という左翼守備は試合中に言われたそうで、「見慣れない景色だったが、一軍の試合でミスはできない。いい緊張感でできた」と振り返った。

 そんな清宮について栗山監督は、「いいことも悪いことも経験してほしい。(左翼守備は)幅が広がるというところを考えないといけない」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る