指揮官が二軍落ち示唆…日ハム清宮“一軍残留”への最低条件

公開日: 更新日:

 新人記録に並んだ。

 8日のオリックス戦に5番・指名打者でスタメン出場した日本ハム清宮幸太郎(18)が、第3打席で外寄りの変化球を右前打。デビュー戦から6試合連続安打とし、原辰徳巨人)らが持つプロ野球記録に並んだ。八回裏の守備ではプロ初の左翼守備に入った。

 この日は、大阪在住の父方の祖母が観戦に訪れたという清宮は「課題をクリアしてやっていけている。変化球を待って打つことができた」と笑顔。早実高での練習試合以来という左翼守備は試合中に言われたそうで、「見慣れない景色だったが、一軍の試合でミスはできない。いい緊張感でできた」と振り返った。

 そんな清宮について栗山監督は、「いいことも悪いことも経験してほしい。(左翼守備は)幅が広がるというところを考えないといけない」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る