• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7戦連続安打&プロ1号弾 日ハム清宮を待ち受ける“本格試練”

 打った瞬間、それとわかる当たりだった。

 清宮幸太郎(18)がプロ初アーチを放ち、ドラフト制導入後としては史上初となるデビュー戦から7試合連続安打を達成した。

 9日のオリックス戦、第1打席の初球だった。ディクソンの高めに抜けた甘い変化球を逃さずフルスイング。角度がついた打球は大きな弧を描き、右翼席中段に飛び込んだ。

 清宮は「うれしいです。忘れられない一日になると思う。これを(先々)懐かしいなと思える一本にしたい」と喜ぶと、栗山監督も「本当にいい本塁打だった。打球の感じを含め、スケール感もあった」と目を細めた。

 高校通算111本塁打を放った長打力がウリの清宮にとって、面目躍如の一発だった。これまで連続試合安打を放っていたとはいえ、初安打の二塁打以外はすべて単打。ボテボテの内野安打もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る