2打点でお立ち台に 巨人“8番目の外野”亀井の逆襲が始まる

公開日: 更新日:

 巨人亀井善行(35)が2打点の活躍で勝利に貢献した。

 9日の阪神戦。初回に先発メッセンジャーから、岡本に続いて中前へ適時打を放つと、六回には右翼席へソロ本塁打を叩き込み、「岡本さんのおかげです」とお立ち台で笑った。

 球団の「若返り」の方針もあり、春のキャンプからずっと二軍。開幕も一軍に呼ばれることはなかった。今季から同じ外野手のゲレーロが加入したが、自分の目で見る機会すらない。キャンプで亀井はこう漏らしていた。

「ゲレーロってどうなの? いいの? フリーの打球が凄い? へーえ、そうなんだ……」

 外野の開幕スタメンは、そのゲレーロ、陽岱鋼、長野の3人。それ以外にも、立岡、橋本、重信、石川ら若手がひしめき、亀井は外野の中で「8番目」くらいの位置付けだった。開幕から同じ左打者の阿部が代打の切り札として控えていたため、亀井の居場所はどこにもない。クビも覚悟した中、死球を受けた陽が離脱。橋本、重信も故障し、開幕6試合目に繰り上げ昇格を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る