2打点でお立ち台に 巨人“8番目の外野”亀井の逆襲が始まる

公開日:

 巨人の亀井善行(35)が2打点の活躍で勝利に貢献した。

 9日の阪神戦。初回に先発メッセンジャーから、岡本に続いて中前へ適時打を放つと、六回には右翼席へソロ本塁打を叩き込み、「岡本さんのおかげです」とお立ち台で笑った。

 球団の「若返り」の方針もあり、春のキャンプからずっと二軍。開幕も一軍に呼ばれることはなかった。今季から同じ外野手のゲレーロが加入したが、自分の目で見る機会すらない。キャンプで亀井はこう漏らしていた。

「ゲレーロってどうなの? いいの? フリーの打球が凄い? へーえ、そうなんだ……」

 外野の開幕スタメンは、そのゲレーロ、陽岱鋼、長野の3人。それ以外にも、立岡、橋本、重信、石川ら若手がひしめき、亀井は外野の中で「8番目」くらいの位置付けだった。開幕から同じ左打者の阿部が代打の切り札として控えていたため、亀井の居場所はどこにもない。クビも覚悟した中、死球を受けた陽が離脱。橋本、重信も故障し、開幕6試合目に繰り上げ昇格を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る