7場所連続休場 心折れた横綱稀勢の里を待つ「進退」問題

公開日: 更新日:

 誰もが思っている通りになった。

 11日に行われた取組編成会議の直前に、横綱稀勢の里(31)が5月場所の休場を発表した。これで昨年の同場所から、横綱としては貴乃花(現親方)に並ぶ、史上最多の7場所連続休場となった。

 本来、稀勢の里は10日にも出場の可否を決めるはずだった。それが「病院に行って、考えさせてほしいと言っていた」(師匠の田子ノ浦親方)と、決断できず。悩んだ末の休場となったが、結論を先送りにしただけだ。

 本場所1週間前に風邪をひき、いまだに張りのない体を見てもわかるように、もはや和製横綱の緊張の糸はぷっつりと切れている。すっかり心が折れてしまったのではないか。

「次に出場した場所で覚悟を決める」と明言した以上、この体たらくでは出場イコール引退となりかねない。かといって1年間何もしていない横綱の更なる休場を許してくれるほど、横審やファンは寛容ではない。だからこそ、ぐずぐずと悩み、決断を引き延ばしていたのだろう。ケガをした直後ならまだしも、6場所休んでこれでは、見苦しいというか情けない限りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る