場所直前に風邪…稀勢の里に「さっさと引退を」と苦言

公開日: 更新日:

「横綱としての自覚、責任感が何も感じられない。こんな横綱、見たことがありませんよ」

 評論家の中澤潔氏が呆れ果てるのも無理はない。

 6日、横綱稀勢の里(31)が風邪でダウン。本来赴くはずだった出稽古は中止になり、7日に行われる二所ノ関一門の連合稽古は、当日の体調を見て判断するという。

 稀勢の里はもっか6場所連続休場中。「次に出る場所で覚悟を決める」と決意し、13日が初日の5月場所には出場する気満々だった。それがどうだ。途中参加した春巡業中はのんびりとスロー調整。3日の稽古総見では鶴竜栃ノ心に手も足も出なかった。揚げ句、進退をかけるはずの場所直前になって風邪では、体調管理を怠っていたと非難されても文句は言えないだろう。

「体にしまりがなく、太りすぎ。稽古総見での負け方も、新入幕の力士かと思ったくらいだった」と、中澤氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る