• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一門名称返上でさらなる孤立も 貴乃花親方の気になる今後

「私の名前のある一門は返上しますと伝え、受け入れていただいた」

 19日、貴乃花親方(45)がこう明言した。

 2010年の「貴の乱」で発足した貴乃花グループは14年、正式に「貴乃花一門」と認められた。しかし、平成の大横綱はいまや、総帥とは名ばかりのお飾りと成り果てた。出馬した今年2月の理事選では自身を含めて2票しか集まらず、3月29日の理事会では委員から2階級下のヒラ年寄に降格。一門の実権はナンバー2だった阿武松親方に握られてしまった。

 そんな経緯もあり、今月上旬、一門の親方衆に名称返上を自ら申し出たという。

 ある若手親方が言う。

「よくも悪くも伝統や格式にこだわる親方ですからね。ヒラに降格した自分では一門の名を冠するにふさわしくない、と本気で思ったのかもしれない。一門内で孤立しているとあれば、なおさらでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る