一門名称返上でさらなる孤立も 貴乃花親方の気になる今後

公開日: 更新日:

「私の名前のある一門は返上しますと伝え、受け入れていただいた」

 19日、貴乃花親方(45)がこう明言した。

 2010年の「貴の乱」で発足した貴乃花グループは14年、正式に「貴乃花一門」と認められた。しかし、平成の大横綱はいまや、総帥とは名ばかりのお飾りと成り果てた。出馬した今年2月の理事選では自身を含めて2票しか集まらず、3月29日の理事会では委員から2階級下のヒラ年寄に降格。一門の実権はナンバー2だった阿武松親方に握られてしまった。

 そんな経緯もあり、今月上旬、一門の親方衆に名称返上を自ら申し出たという。

 ある若手親方が言う。

「よくも悪くも伝統や格式にこだわる親方ですからね。ヒラに降格した自分では一門の名を冠するにふさわしくない、と本気で思ったのかもしれない。一門内で孤立しているとあれば、なおさらでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る