一門名称返上でさらなる孤立も 貴乃花親方の気になる今後

公開日:  更新日:

「私の名前のある一門は返上しますと伝え、受け入れていただいた」

 19日、貴乃花親方(45)がこう明言した。

 2010年の「貴の乱」で発足した貴乃花グループは14年、正式に「貴乃花一門」と認められた。しかし、平成の大横綱はいまや、総帥とは名ばかりのお飾りと成り果てた。出馬した今年2月の理事選では自身を含めて2票しか集まらず、3月29日の理事会では委員から2階級下のヒラ年寄に降格。一門の実権はナンバー2だった阿武松親方に握られてしまった。

 そんな経緯もあり、今月上旬、一門の親方衆に名称返上を自ら申し出たという。

 ある若手親方が言う。

「よくも悪くも伝統や格式にこだわる親方ですからね。ヒラに降格した自分では一門の名を冠するにふさわしくない、と本気で思ったのかもしれない。一門内で孤立しているとあれば、なおさらでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る