虎二軍でくすぶる藤浪の復活は新フォームと“無欲”がカギ

公開日:  更新日:

 いつまでも下でくすぶっているわけにはいかないだろう。現在、二軍調整中の藤浪晋太郎(24)のことだ。

 4月20日の巨人戦後に不調のため登録抹消されてから約1カ月。8日のオリックス二軍戦では、7回無失点。2四球と課題の制球で大きく乱れることはなかった。

「復活のカギを握るのはフォームの確立です」とは阪神OBだ。

 藤浪は昨オフ、ダルビッシュに弟子入り。ドジャース時代の同僚だったカーショーからもカーブの投げ方や投球フォームのコツを学んだ。こうした経験も踏まえ、キャンプでは歩幅を小さくするフォームを模索した。

「最速160キロを誇る藤浪ですが、歩幅を狭めることでフォームから無駄な動きが減った。速球は150キロ台前半にとどまっても、制球が安定しつつあった」と、前出OBが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る