虎二軍でくすぶる藤浪の復活は新フォームと“無欲”がカギ

公開日: 更新日:

 いつまでも下でくすぶっているわけにはいかないだろう。現在、二軍調整中の藤浪晋太郎(24)のことだ。

 4月20日の巨人戦後に不調のため登録抹消されてから約1カ月。8日のオリックス二軍戦では、7回無失点。2四球と課題の制球で大きく乱れることはなかった。

「復活のカギを握るのはフォームの確立です」とは阪神OBだ。

 藤浪は昨オフ、ダルビッシュに弟子入り。ドジャース時代の同僚だったカーショーからもカーブの投げ方や投球フォームのコツを学んだ。こうした経験も踏まえ、キャンプでは歩幅を小さくするフォームを模索した。

「最速160キロを誇る藤浪ですが、歩幅を狭めることでフォームから無駄な動きが減った。速球は150キロ台前半にとどまっても、制球が安定しつつあった」と、前出OBが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る