• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“殺人タックル”問題 日大のコンプライアンスに専門家苦言

 問題の試合から2週間。日大は沈黙したままだ。

 6日に行われたアメリカンフットボールの関西学院大と日本大の定期戦で、日大選手による「殺人タックル」で関学選手が負傷した問題。「意図的な乱暴行為を行うことなどを選手へ教えることは全くない」「指導と選手の受け取り方に乖離が起きたことが今回の問題の本質と認識している」――とする日大アメフト部の回答を受け、関学大は17日、兵庫県西宮市内で記者会見したが、「弊部の抱える疑問、疑念を解消できておらず、現時点では誠意ある回答とは判断しかねる」と怒りは収まらなかった。

「ルールを逸脱した行為を監督・コーチが容認していたと疑念を抱かざるを得ない」(関学アメフト部の小野宏ディレクター)

「同じ指導者として到底受け入れることができない」(同部の鳥内秀晃監督)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る