“殺人タックル”問題 日大のコンプライアンスに専門家苦言

公開日:

 問題の試合から2週間。日大は沈黙したままだ。

 6日に行われたアメリカンフットボールの関西学院大と日本大の定期戦で、日大選手による「殺人タックル」で関学選手が負傷した問題。「意図的な乱暴行為を行うことなどを選手へ教えることは全くない」「指導と選手の受け取り方に乖離が起きたことが今回の問題の本質と認識している」――とする日大アメフト部の回答を受け、関学大は17日、兵庫県西宮市内で記者会見したが、「弊部の抱える疑問、疑念を解消できておらず、現時点では誠意ある回答とは判断しかねる」と怒りは収まらなかった。

「ルールを逸脱した行為を監督・コーチが容認していたと疑念を抱かざるを得ない」(関学アメフト部の小野宏ディレクター)

「同じ指導者として到底受け入れることができない」(同部の鳥内秀晃監督)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る