1試合3発も DeNA筒香が“具体的な技術論”を語らない理由

公開日: 更新日:

 主砲が目を覚ました。

 20日の巨人戦で筒香嘉智(26)が自身初となる1試合3本塁打。「できるだけ打ちます」と控えめな4番は、今季不調にあえいでいたが、これで18日から3戦連続本塁打だ。

 フォーム改造は試行錯誤の繰り返し。キャンプではスタンスを狭め、直立に近いスタイルも試した。ラミレス監督は復調の要因について「このシリーズの初戦(18日)前に『少しフォームを変えて良い感じです』と言っていた。自分で修正して結果を出すのはさすが。オープンスタンスにし、もう少し膝を曲げ気味にしていた」と言う。坪井打撃コーチは「自分で常に微調整している。いつも大体、悪いときは前のめりで突っ込みがち。今日はそれがなかった」と解説。本人も「今まで前に突っ込んでいたけど、我慢できた」と言う一方で、その表現は抽象的だ。

「体の中の感覚が変わっている。見た目では変わっていないように見えても、感覚の部分で常に少しずつ変化している。スタンスを微調整したり軸足の体重移動を変えたり、打席ごとにしっくりくるよう合わせています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る