• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1試合3発も DeNA筒香が“具体的な技術論”を語らない理由

 主砲が目を覚ました。

 20日の巨人戦で筒香嘉智(26)が自身初となる1試合3本塁打。「できるだけ打ちます」と控えめな4番は、今季不調にあえいでいたが、これで18日から3戦連続本塁打だ。

 フォーム改造は試行錯誤の繰り返し。キャンプではスタンスを狭め、直立に近いスタイルも試した。ラミレス監督は復調の要因について「このシリーズの初戦(18日)前に『少しフォームを変えて良い感じです』と言っていた。自分で修正して結果を出すのはさすが。オープンスタンスにし、もう少し膝を曲げ気味にしていた」と言う。坪井打撃コーチは「自分で常に微調整している。いつも大体、悪いときは前のめりで突っ込みがち。今日はそれがなかった」と解説。本人も「今まで前に突っ込んでいたけど、我慢できた」と言う一方で、その表現は抽象的だ。

「体の中の感覚が変わっている。見た目では変わっていないように見えても、感覚の部分で常に少しずつ変化している。スタンスを微調整したり軸足の体重移動を変えたり、打席ごとにしっくりくるよう合わせています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る