DeNA筒香が語った正論 「日本の指導者が子供たちを潰す」

公開日:

 DeNAの主砲、筒香嘉智(26)が日本球界に強烈な一撃をぶちかました。大阪・堺市に幼稚園児から小学校低学年までの73人を集めて野球体験会を開いた14日、その狙いをこう言ったのだ。

「勝利至上主義の日本の指導者が、未来ある子どもたちを潰している」

 少年野球から高校野球まで、日本には“勝利こそがすべて”と選手を怒鳴り、時には手を上げ、理不尽な猛練習を強いる指導者が少なくない。その結果、

「選手はみんな楽しく野球をやれていない。指導者の顔色を見てプレーしている。指示待ちの子どもも多い。結果重視の方針で小さいときから練習量が多く、未来ある子どもたちが(ケガや故障などで)潰れてしまっています」

■海外の指導の現場を視察

 と危機感を抱く筒香は2015年のオフ、自ら球団に直訴してドミニカ共和国でのウインターリーグに参加。その合間を縫って、現地の少年野球を視察した。それ以前にも自主トレで訪れた米国でジュニア指導の現場にじかに触れている。そこで目の当たりにしたのは、「ドミニカでもアメリカでも、子どもたちはジャンピングスローをしてみたり、思い切り空振りしてみたり、ノビノビと野球をやっていた」という、日本とは正反対の光景。「勝利至上主義の日本のやり方ではスケールの大きな選手は育たない」との思いに至ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る