田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

G大阪ジュニアユース同期生 本田圭佑と東口順昭が気になる

公開日: 更新日:

 ロシアW杯に向けて合宿中の西野ジャパン。招集メンバーは27人なので「4人が落選」する。

 もっともGKは「3人態勢」。第1GK川島永嗣(35)、第2GK東口順昭(32)、第3GK中村航輔(23)は安泰だ。

 ところが20日のJリーグで中村が相手選手と交錯、病院送りとなった。

 アクシデントといえば東口が、4月21日のJリーグで右頬骨など複数箇所を骨折。W杯は厳しいと思ったが、12日のJリーグでフェースガードを装着してプレー。23日の合宿帯同初日も好パフォーマンスを披露した。

 ハリル解任、西野新監督就任、そして「昔の名前で出ています」的な招集メンバー。監督人事のゴタゴタと閉塞感ばかりが強調され、日本サッカーとW杯への関心が薄れている気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る