抜群の安定感 松坂は“客寄せパンダ”から竜投のキーマンに

公開日: 更新日:

 今や頼りになる存在だ。

 12年ぶりの交流戦に、中9日で登板した中日の松坂大輔(37)。オリックス打線を6回1安打、無失点。今季最多となる9奪三振のおまけつきでマウンドを降りるも、救援陣が打たれて3勝目は逃した。

 この日はストレートに伸びがあり、カットボールも切れた。114球を要したため6イニングでの降板となったことが悔しかったようで、「ゲームはつくれたが、何とかもう1イニングいきたかった」と言った。

「平成の怪物」はキャンプから絶大な人気を誇り、一軍メンバーに入ったものの当初は「客寄せパンダ」とみられていた。それがここまで6試合に登板し、2勝3敗、防御率2・51。32回3分の1を投げて奪三振29。四死球は21と多いが、小笠原、大野といったローテの中心になるべき投手がパッとせず、安定感のあるベテランの存在感は高まる一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る