西武・外崎が語った 打撃好調は“魔法の1kgバット”にあり

公開日:

 眠りかけた山賊打線が目を覚ました。

 5日のDeNA戦で西武が1試合4発の本塁打で快勝。口火を切ったのは外崎修汰(25)だった。1点リードの六回、右翼席中段まで飛ばす5号ソロ。「打ったのはまっすぐ。2打席目にチェンジアップをヒットにできたとき、まっすぐを待ちながら対応できたので、3打席目もまっすぐ待ちしていた」と振り返った。

 この日は4打数2安打。好調の要因は2本のバットにある。練習を終えた外崎の手にはその2本が握られていた。1本はデサント社のバットでグリップには「L44」の文字。昨季までつけていた背番号が刻印されたものだ。もう1本は他メーカーのもので「L70」と刻まれている。

 外崎は言う。

「佐藤友亮(外野守備走塁)コーチのものをいただいたマスコットバットです。練習のときだけ使っていて、ティーのときと、フリー(バッティング)の半分はこれで打っています。試合で使っているこっち(L44)より約100グラム重くて1キロくらいあります。遠くに飛ばそうとして、どうしてもムダな力が入っちゃうんですけど、このバット(L70)は重いので、バットの重みと遠心力だけで振れる。そうすると、最短距離でバットが出る。その感覚を身につけるためにやっているんです。使い始めたのは去年の中盤ごろからですね」

 昨季の打率を見てみると、4、5月は1割台。それが7、8月は2割8分台にあがり、9月には3割に乗せた。

 結果が出たため、春季キャンプでも同じルーティンで練習を継続。1キロバットの効果は大である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る