在阪2球団が火花散らす 国内FA取得の「西武・浅村」争奪戦

公開日:

 争奪戦を制するのはどのチームか。先月31日、西武の浅村栄斗(27)が初めて国内FA権を取得した。

 浅村は昨オフ、球団から複数年契約の打診を断り、年俸2億1000万円の1年契約を結んだ。今季からメジャー挑戦している牧田(現パドレス)も、2016年の契約更改では「一年一年が勝負」と自ら1年契約を申し出て、昨年ポスティングで海を渡っている。浅村も「(複数年契約で)甘えたくない」と、単年を選んだ理由を語っていたが、うのみにはできないということだ。

「打てる二塁手」と評価が高い浅村は、もっか打率.279、9本塁打、35打点。昨季も19本塁打、99打点と活躍。13年には打点王のタイトルも獲得し(110打点)、プロ通算8年(一軍)で115本塁打、518打点、.284と勝負強さを発揮している。二塁守備は名手と言えないまでも、平均以上の能力はある。とはいえ、年俸が年俸だ。オフにFA宣言した場合、手を挙げるのは、巨人、ソフトバンクといったカネのある球団に限られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る