在阪2球団が火花散らす 国内FA取得の「西武・浅村」争奪戦

公開日: 更新日:

 争奪戦を制するのはどのチームか。先月31日、西武浅村栄斗(27)が初めて国内FA権を取得した。

 浅村は昨オフ、球団から複数年契約の打診を断り、年俸2億1000万円の1年契約を結んだ。今季からメジャー挑戦している牧田(現パドレス)も、2016年の契約更改では「一年一年が勝負」と自ら1年契約を申し出て、昨年ポスティングで海を渡っている。浅村も「(複数年契約で)甘えたくない」と、単年を選んだ理由を語っていたが、うのみにはできないということだ。

「打てる二塁手」と評価が高い浅村は、もっか打率.279、9本塁打、35打点。昨季も19本塁打、99打点と活躍。13年には打点王のタイトルも獲得し(110打点)、プロ通算8年(一軍)で115本塁打、518打点、.284と勝負強さを発揮している。二塁守備は名手と言えないまでも、平均以上の能力はある。とはいえ、年俸が年俸だ。オフにFA宣言した場合、手を挙げるのは、巨人ソフトバンクといったカネのある球団に限られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る