在阪2球団が火花散らす 国内FA取得の「西武・浅村」争奪戦

公開日: 更新日:

 争奪戦を制するのはどのチームか。先月31日、西武の浅村栄斗(27)が初めて国内FA権を取得した。

 浅村は昨オフ、球団から複数年契約の打診を断り、年俸2億1000万円の1年契約を結んだ。今季からメジャー挑戦している牧田(現パドレス)も、2016年の契約更改では「一年一年が勝負」と自ら1年契約を申し出て、昨年ポスティングで海を渡っている。浅村も「(複数年契約で)甘えたくない」と、単年を選んだ理由を語っていたが、うのみにはできないということだ。

「打てる二塁手」と評価が高い浅村は、もっか打率.279、9本塁打、35打点。昨季も19本塁打、99打点と活躍。13年には打点王のタイトルも獲得し(110打点)、プロ通算8年(一軍)で115本塁打、518打点、.284と勝負強さを発揮している。二塁守備は名手と言えないまでも、平均以上の能力はある。とはいえ、年俸が年俸だ。オフにFA宣言した場合、手を挙げるのは、巨人、ソフトバンクといったカネのある球団に限られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る