マリナーズ快走 イチローにフロントで“指輪”獲得の可能性

公開日: 更新日:

 今季途中にフロント入りしたイチロー(44)のマリナーズが好調だ。

 イチローが5月3日に会長付特別補佐に就任した途端、チームの快進撃が始まり、今月3日のレイズ戦までの30試合で20勝(10敗)をマーク。ここまで37勝22敗の勝率.627で、昨季世界一のアストロズに1ゲーム差をつけてア・リーグ西地区首位だ(3日終了時)。今季は接戦をものにしており、37勝のうち1点差での勝利は18度と勝負強さが際立つ。マリナーズはイチローが新人だった01年を最後にポストシーズンから遠ざかっている。16年連続でのレギュラーシーズン敗退は大リーグではもちろん、4大プロスポーツの中でもワースト記録だ。マリナーズは不名誉な記録を止められるのか。

「好調の要因は、盤石な救援陣と機動力です。昨季34セーブの守護神ディアスが早くも21セーブを挙げ、開幕後にトレードで獲得した昨季のセーブ王であるコロメ(前レイズ)とともに僅差の試合をしのいでいる。チーム総得点255はリーグ9位タイながら、ゴードン、セグラの不動の1、2番が2人合わせて31盗塁、69得点で打線を牽引。少ない得点を鉄壁のリリーフ陣が守り抜く展開で競り合いを制しています。今季の戦い方を見る限り、地区首位にいるのは決してまぐれではなく、サービス監督が目指す野球がようやく実り始めた。17年ぶりのポストシーズン進出も不可能ではない」(スポーツライター・友成那智氏)

 昨季までワールドシリーズとは無縁だったイチローは今季、フロントとして念願のチャンピオンリングを手にする可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る