マリナーズ快走 イチローにフロントで“指輪”獲得の可能性

公開日: 更新日:

 今季途中にフロント入りしたイチロー(44)のマリナーズが好調だ。

 イチローが5月3日に会長付特別補佐に就任した途端、チームの快進撃が始まり、今月3日のレイズ戦までの30試合で20勝(10敗)をマーク。ここまで37勝22敗の勝率.627で、昨季世界一のアストロズに1ゲーム差をつけてア・リーグ西地区首位だ(3日終了時)。今季は接戦をものにしており、37勝のうち1点差での勝利は18度と勝負強さが際立つ。マリナーズはイチローが新人だった01年を最後にポストシーズンから遠ざかっている。16年連続でのレギュラーシーズン敗退は大リーグではもちろん、4大プロスポーツの中でもワースト記録だ。マリナーズは不名誉な記録を止められるのか。

「好調の要因は、盤石な救援陣と機動力です。昨季34セーブの守護神ディアスが早くも21セーブを挙げ、開幕後にトレードで獲得した昨季のセーブ王であるコロメ(前レイズ)とともに僅差の試合をしのいでいる。チーム総得点255はリーグ9位タイながら、ゴードン、セグラの不動の1、2番が2人合わせて31盗塁、69得点で打線を牽引。少ない得点を鉄壁のリリーフ陣が守り抜く展開で競り合いを制しています。今季の戦い方を見る限り、地区首位にいるのは決してまぐれではなく、サービス監督が目指す野球がようやく実り始めた。17年ぶりのポストシーズン進出も不可能ではない」(スポーツライター・友成那智氏)

 昨季までワールドシリーズとは無縁だったイチローは今季、フロントとして念願のチャンピオンリングを手にする可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る