• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローも実践 「禅」の言葉はビジネスマンも役に立つ

 正式な辞令が出て4月から転勤という人も多いだろう。「なぜこのタイミングなのか」と怒りで納得できない人は、スティーブ・ジョブズやイチローも実践した“禅”に触れ合うといいだろう。

 心にしみる禅の言葉をわかりやすく解説した「おやすみ前の5分禅」(天夢人刊)が注目だ。

 著者の島津清彦氏は曹洞宗で出家得度した企業コンサルティング会社「シマーズ」の社長。25年のサラリーマン経験をもとに「転勤を命じられたとき」「業務が多すぎるとき」「モンスタークレーマーにあったとき」など具体的なシチュエーションを想定し、その時に役に立つ禅の言葉を紹介している。パワハラが話題になっているが、もちろん「怒りの感情がコントロールできないとき」という項目もある。

 例えば、不本意な転勤を命じられた時は「随処作主 立処皆真(ずいしょさくしゅ りっしょかいしん)」だ。どんな環境においても自らが主人公になれば、その場所はすべて真実となるという意味。また、先日、財務省近畿財務局の職員が自殺したが、ブラック企業に身を置く人は「方便(ほうべん)」という言葉がある。あまりいい言葉としては使われないが、正しいことへ導くための手法のこと。裁量労働による長時間労働から、過労自殺したくなったら、寝る前に「ウソも方便で明日はズル休みしよう」と思えばいい。もうひとつ、「放下著(ほうげじゃく)」は、思いきり捨ててしまえという意味。組織を守るために自分の命を絶つことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る