イチローも実践 「禅」の言葉はビジネスマンも役に立つ

公開日:

 正式な辞令が出て4月から転勤という人も多いだろう。「なぜこのタイミングなのか」と怒りで納得できない人は、スティーブ・ジョブズやイチローも実践した“禅”に触れ合うといいだろう。

 心にしみる禅の言葉をわかりやすく解説した「おやすみ前の5分禅」(天夢人刊)が注目だ。

 著者の島津清彦氏は曹洞宗で出家得度した企業コンサルティング会社「シマーズ」の社長。25年のサラリーマン経験をもとに「転勤を命じられたとき」「業務が多すぎるとき」「モンスタークレーマーにあったとき」など具体的なシチュエーションを想定し、その時に役に立つ禅の言葉を紹介している。パワハラが話題になっているが、もちろん「怒りの感情がコントロールできないとき」という項目もある。

 例えば、不本意な転勤を命じられた時は「随処作主 立処皆真(ずいしょさくしゅ りっしょかいしん)」だ。どんな環境においても自らが主人公になれば、その場所はすべて真実となるという意味。また、先日、財務省近畿財務局の職員が自殺したが、ブラック企業に身を置く人は「方便(ほうべん)」という言葉がある。あまりいい言葉としては使われないが、正しいことへ導くための手法のこと。裁量労働による長時間労働から、過労自殺したくなったら、寝る前に「ウソも方便で明日はズル休みしよう」と思えばいい。もうひとつ、「放下著(ほうげじゃく)」は、思いきり捨ててしまえという意味。組織を守るために自分の命を絶つことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る