初安打は1号ソロ 楽天・内田がレギュラー取りへリスタート

公開日:  更新日:

 今季初安打を2年ぶりの一発で飾った。

 大勝した13日のオリックス戦で、楽天の内田靖人(22)が2安打2打点の活躍。チームの4連勝に貢献した。

 4点リードの八回に左翼席へ叩き込んだ1号ソロが今季の初安打。「1本出てホッとしました。悔しい結果が続いていたので、これからどんどん打っていきたい」とうれしそうだった。

 昨季は二軍でイースタン1位の18本塁打をマーク。高卒5年目の今季はオープン戦でレギュラー取りをアピールした。16試合に出場して打率は12球団1位の.386で“首位打者”。チームトップの4本塁打を放った。和製大砲候補がようやく才能開花、と期待されたが、初の開幕スタメンを勝ち取ったシーズンに入ると、途端に快音が聞かれなくなった。9打数無安打であっさりと二軍落ち。1カ月後の今月5日の一軍再昇格後も、この日の試合前まで無安打が続いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る