MLBドラフト会議 大谷の二番煎じ狙い二刀流が上位候補に

公開日:

 MLBのドラフト会議が日本時間5日から3日間行われる。

 二刀流の高校生ブレンダン・マッケイ(レイズ1巡目指名)が注目された昨年に続き、今年も「2ウエー・プレーヤー」が上位候補に名を連ねている。

 2巡目まで指名される初日に早々と名前をコールされるとみられるのが、メーソン・ディナバーグ投手(18)、アンソニー・シーグラー捕手(18)の高校生2人。右腕のディナバーグは外野手としても評価されるが、スイッチヒッターのシーグラーは投手との二刀流にとどまらない。カータースビル高では投手と捕手以外にも内外野全ポジションをこなしたマルチプレーヤー。今春のリーグ戦では25・2回を投げ、防御率1・09、29奪三振、6四球。野手では打率・421、13本塁打、16盗塁をマーク。さらに驚くべきことに、本来は右利きのシーグラーは幼少時から左でも投げてきたため、メジャーでも過去に例がない両投両打だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る