MLBドラフト会議 大谷の二番煎じ狙い二刀流が上位候補に

公開日: 更新日:

 MLBのドラフト会議が日本時間5日から3日間行われる。

 二刀流の高校生ブレンダン・マッケイ(レイズ1巡目指名)が注目された昨年に続き、今年も「2ウエー・プレーヤー」が上位候補に名を連ねている。

 2巡目まで指名される初日に早々と名前をコールされるとみられるのが、メーソン・ディナバーグ投手(18)、アンソニー・シーグラー捕手(18)の高校生2人。右腕のディナバーグは外野手としても評価されるが、スイッチヒッターのシーグラーは投手との二刀流にとどまらない。カータースビル高では投手と捕手以外にも内外野全ポジションをこなしたマルチプレーヤー。今春のリーグ戦では25・2回を投げ、防御率1・09、29奪三振、6四球。野手では打率・421、13本塁打、16盗塁をマーク。さらに驚くべきことに、本来は右利きのシーグラーは幼少時から左でも投げてきたため、メジャーでも過去に例がない両投両打だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る