新議長に元NHK会長の海老沢氏 相撲協会「評議員」とは何か

公開日: 更新日:

 12日、相撲協会が評議員会を開催し、新議長に元NHK会長の海老沢勝二氏(84)が選出された。池坊前議長(76)は今後、ヒラの評議員になる。

 貴乃花騒動では、注目を集めた相撲協会の評議員会。名称こそ有名になれど、その実態はあまり知られていない。

 権限そのものは一般法人と同じく、その組織における最高議決機関。つまり、理事長選出を含む理事会での人事や決算などは、評議員会で承認を得る必要がある。

 協会の定款によれば、任期は4年。定員は5人以上7人以下となっており、過半数が外部有識者と決められている。この「外部」とは、相撲経験者や、その親族を除いたもの。

 かつて相撲協会は親方全員が評議員という、メチャクチャな時代もあった。新公益法人制度移行に伴い、現在の形になったが、「外部が過半数」とはそうした過去のデタラメの反動だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る